■戻る■ 1- 101- 201- 301- 401- 501- 最新50


■■■親鸞会◎サークル〜大学生勧誘作戦!■■■
1 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 01:57
2ch総合スレ1
http://www.geocities.jp/tearoomclover/siryou/2chso0.html
2ch総合スレ2
http://www.geocities.jp/tearoomclover/siryou/2chso1.html
2ch総合スレ4
http://www.geocities.jp/tearoomclover/siryou/2chso4.htm
2ch総合スレ6
http://www.geocities.jp/tearoomclover/siryou/2chso6.htm

2 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 01:58
御父兄に知って頂きたい『宗教法人浄土真宗親鸞会』
http://homepage2.nifty.com/nonsect/newpage1.htm

浄土真宗親鸞会について考えるページ
http://homepage1.nifty.com/you/

親鸞会同窓会喫茶
http://www.geocities.jp/tearoomclover/clovertop.html

↑これ以外は会員さんのページです。

3 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 01:59
前スレ:「親鸞会に入ろう(新入生勧誘始まる)」
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1079880096/l50

4 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 01:59
カルト宗教から心と身を守る
http://www.ferris.ac.jp/religion/cult.html

マインドコントロールから身を守る
http://www.kumamoto-u.ac.jp/HealthCenter/mind.htm

カルト
http://pweb.sophia.ac.jp/~y-nakamu/cult.htm

5 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 02:04
宗教特集
http://www.stb.tsukuba.ac.jp/~zdk/campus/152/152_1.html

http://www.stb.tsukuba.ac.jp/~zdk/campus/152/152_2.html

カルト対処法
http://www.cnet-sc.ne.jp/jdcc/advise.htm

幸せになるサークル
http://www.jakushou.com/ture/zatu/moro/intiki.htm

破壊的カルトのマインド・コントロール
http://www.shinran-bc.tomo-net.or.jp/report02_09.html

6 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 02:04
大学と宗教
http://www.max.hi-ho.ne.jp/~t-root/text/shuukyou.html

危険な宗教についての注意
http://www.comm.musashi-tech.ac.jp/~gakuseib/gh/HP/gakuseika/syuukyo1.htm

こんな勧誘にご用心
http://www.sapphire-ark.com/kanyu-.html

統一教会勧誘の罠
http://www6.big.or.jp/~beyond/akutoku/topic/tou0402/text.html

新興宗教サークルの勧誘
http://urakindai.com/column/data/entrance/1050841284.html

カルト宗教の勧誘活動について
http://www.sophia.ac.jp/J/student.nsf/Content/syukyou

新入生の皆さんへ
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/st/student/sinjiken.htm

7 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 02:05
サゲ進行のカキコは荒らし、嘘ばかりなのでご注意!

カルト宗教ヤバイ度チェック
http://www.ke.ics.saitama-u.ac.jp/kaoru/daily/cult.html

カルト教団から家族や親友を守る法
http://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/mc/03mamoru.html

58 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 13:50
親鸞会に向かって1000の花束 ……(11)
http://life.2ch.net/test/read.cgi/psy/1025/1025274119.html
親鸞会に向かって1000の心のタネ (12)
../../life_psy/1028/1028481417.html
輝ける子(藁◆◇親鸞会総合スレ13◇◆ (13)
../../life_psy/1030/1030437873.html
【M晴不倫】親鸞会の体質を問う【ワンマン経営】……(14)
../../life_psy/1031/1031079190.html
【親鸞会】どちらがウソか?【2ch】 ……(15)
../../life_psy/1032/1032499080.html
こんなことが知りたい。親鸞会の実態……(16)
../../life_psy/1033/1033193519.html
【2chかく問う】親鸞会なぜ答えぬ〜s会総合スレ17……(17)
../../life_psy/1035/1035302620.html
かくて私は親鸞会の実態を知った〜s会総合スレ18……(18)
../../life_psy/1037/1037283658.html
【藁】かんばってる子【藁】〜親鸞会総合スレ19……(19)
../../etc_psy/1042/1042719618.html
親鸞会に向かって 心地悪い果実〜s会総合スレ20 ……(20)
../../etc_psy/1047/1047562758.html
親鸞会に向かって 心地悪い果実〜s会総合スレ21 …
../../etc_psy/1053055681/l50

59 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 13:51
関連スレ・・・ダミーサークル関係
「親鸞会のダミーサークル」
http://life.2ch.net/test/read.cgi/psy/981/981109702.html
現役・元親鸞会会員の方にお聞きしたいのですが
../../mentai_psy/993/993928970.html
【崩壊】親鸞会のダミーサークル@二年目【直前】
../../etc_psy/1034/1034488126.html
関連スレ・・・法論スレ
../../life_psy/1033/1033141989.html
呆戦・・・仁義なき親鸞会法論 Vol.2
../../life_psy/1034/1034760376.html
呆戦・・・仁義なき親鸞会法論 Vol.3・・・・・・鯖移転の為行方不明
../../life_psy/1036/1036343926.html
呆戦・・・仁義なき親鸞会法論 Vol.4
../../etc_psy/1040128599/l50

116 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 00:41
「親鸞会について教えてください。」 ……(1)
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/psy/950/950119684.html
「元特攻隊員のアホの高森顕×・親○会会長」 ……(2)
../../mentai_psy/960/960481906.html
「親鸞会っていくらお金かかるの?」 ……(3)
../../mentai_psy/963/963498341.html
「親鸞会について教えてください。(パート2)」 ……(4)
../../mentai_psy/966/966333704.html
「◆金の亡者・高森け○てつ・親×会会長◆」 ……(5)
../../mentai_psy/975/975156385.html
「親○会会長は正気」 ……(6)
../../mentai_psy/969/969707494.html
◆◇親鸞会とは?(親鸞会総合スレ)◇◆ ……(7)
../../mentai_psy/987/987765451.html
親鸞会はカルトだ!! ……(8)
../../mentai_psy/994/994659694.html
カルト親鸞会(親鸞会総合スレ パート9) ……(9)
../../life_psy/999/999873436.html
親鸞会の活動がイヤな人の数→ ……(10)
../../life_psy/1012345083/l50

117 名前:(関連スレ) :04/04/01 00:42
「親鸞会のダミーサークル」
http://life.2ch.net/test/read.cgi/psy/981/981109702.html
【崩壊】親鸞会のダミーサークル@二年目【直前】
../../etc_psy/1034/1034488126.html…HTML化待ち?
嘘つき親鸞会】ダミーサークルの正体.@3発目
../../etc_psy/1056/1056279146.html
【嘘つき親 鸞 会】ダミーサークルの正体@4発目
../../etc_psy/1067/1067262590.html

関連スレ・・・法論スレ
../../life_psy/1033/1033141989.html
呆戦・・・仁義なき親鸞会法論 Vol.2
../../life_psy/1034/1034760376.html
呆戦・・・仁義なき親鸞会法論 Vol.3
../../life_psy/1036/1036343926.html
呆戦・・・仁義なき親鸞会法論 Vol.4
../../etc_psy/1040128599/l50…HTML化待ち?

8 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 02:06
〜親鸞会学生部、新入生勧誘の一年〜

1月〜新勧に向けての準備が着々と進められる〜
有名人の言葉や、タイムリーな話題など、資料集め、

決起大会
誰を新人決定している事にするか、専任講師や学外の助っ人の立場、部室のお金を誰が払っているか、サークル名、等統一事項を確認しておく。

2、3月・・合格発表。「合格おめでと〜」と言って近づき、別室で話し込み。約束をとりつける。

9 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 02:07
4月・・入学式。ここでも勧誘。他大学からも応援にかけつける。
「宗教じゃないよ。」等、様々な嘘がつかれる。
単位のとり方や、学生生活のノウハウ、勉強を教えてくれたり面倒見がとても良い。

新入生同士はくっつかない様に気をつかう。怪しい点を話し合われると困るからだ。
一人一人なら、うまく心理誘導する事が出来る。

一人の新入生に対して、一人以上の担当がつく。この担当は基本的にずっと代わらない。
入会の時、「顕正者」として入会用紙に記載。

毎日新入生の情報を状況カードに書いて提出。

一年生が帰った後、先輩は毎日会合。
先輩の朝会合も有って、忙しい。

頻繁に部会や勉強会、イベントが行なわれる。次の約束を必ずとりつける。
文化講座などで、親鸞会専任講師、OBの話などもある。

家族や友達には自分がよく理解するまで話さない様に言っておく。

フレッシュセミナーの約束をとるのが一つの目標。

10 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 02:07
5月ゴールデンウイーク
フレッシュセミナー。全国の学生部が様々な場所に分かれて行なう。
一休の話や、ハイデッガー、芥川、有名人の結論として、
「人生の目的は死の解決=絶対の幸福」と話される。
それは親鸞聖人の教え=仏教にある。と話される。

親鸞聖人の教えを正しく教えて下さる「高森先生」=親鸞会会長、を紹介される。

初聴聞。「お仏壇が大きくてびっくりするよ!」「最後の恩徳讃っていう歌もびっくりするよ」と釘をさしておく。
先輩は念珠も持たず、恩徳讃もほとんど歌わない。
まだ皆が親鸞会会員である事は秘密。

イけそうな人から、徐々に「入会押し」をして行く。
失敗は危険なので、ほぼ確実な人から慎重に行なう。

11 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 02:11
6月・・部室の様相もだんだん変わって来る。
抵抗の無い様に、徐々に親鸞会関係の書籍、アニメなどを増やしていく。
仏壇が出現すれば、ほぼ完成。

部会や聴聞の時に徐々にお布施を出させる様に仕向けて行く。

4月の勧誘で大幅にノルマ不足の場合、後期顕正(第二次勧誘)が力を入れて行なわれる。

12 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 02:12
8月・・サマーセミナー
全国の学生部で様々な場所を借りて泊り込みで行なわれる。

帰省の日程や週間予定表などを提出させ、スケジュール管理を行なう。
長期の帰省は親鸞会から離れる縁になったりするので気をつかう。

教学試験の勉強などに熱中させる。

以前はこの時期お布施の尊さの話が頻繁になされ、年間のお布施予約額を書かされた。
ノルマに達しないと、更に「財施の大切さ」の話をされ、何回も予約額の書き直しをさせられた。。

13 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 02:12
9,10,11月

親鸞会の書籍、アニメなどをどんどん購入させる。
家族顕正もはじまる。
全国の大学で合宿もある。

まだ専任講師や幹部学生は信心決定していると思っている。
絶対の幸福になった人は、まわりに全然いないと判ってくるのは勧誘する側になってからか…。。

12月・・幹部合宿。新勧の反省、改善点、問題、来年の対策等話し合う。

一般的な学生部会員の親鸞会に関する出費は年間60〜70万円くらいか。。
一年生だとこの6〜7割くらい。。。

14 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 02:14
カルトの予防に対して有効なのは、「マインド・コントロール」についての知識だというのが私の考え
です。私の公理は、「カルトは必ずマインド・コントロールを使う」ということです。その理由は、ふつう
の人間に悪いことを良いことだと思わせるためには、それなりの精神操作が必要だからです。そうで
なければ、もともと素直で優秀だった若者たちが、身分を偽って勧誘したり、アニメ販売をしたりする
はずがないのです。他人の心を自分の目的(欲望や野心)のために、しかも本人には納得ずくだと
思わせながら心を操作するのが、「破壊的カルトのマインド・コントロール」です。具体的に見ていく
と、カルトは、まず勧誘段階では正体を偽り、本当のことは言いません。中身も教えない。
 そこで予防ということですが、どのような勧誘でも、まず何かに誘われたら、その段階で「誘われた
ままについて行ったら、最後に私は何をさせられているのでしょうか」と尋ねることです。相手側は、
決して「高いものを買わされています」とか、「入会させられて、平均睡眠時間が4時間で、こき使われ
ています」とは言えません。誘われた最初の段階で、最後は何をさせられるのかということを聞くこと
が一番いいと思います。
 では次に、もし入り口で防げなくて、カルトに入ってしまった場合についてお話します。カルトは、必
ず途中で「実は、ここはA教団です」とか、「実は、中級コースがあるんです」と言うように、初め誘った
時と話が変わってきます。つまり、カルトというのは、エレベーターのように、同じ場所からまっすぐに
上に登っていくのではなくて、石段を登るように、気がついてみるとスタート地点とはだいぶ違ったとこ
ろへと連れて行かれてしまうのです。
 そういうことがあるので、たとえ兄弟姉妹であっても、どんなに親しい職場の先輩や恋人であっても、
途中で話が変わってきたなと思ったら、その段階で断固としてやめることです。
 ただし、これ以上深入りした場合には、専門家のお世話になるしかありません。宗教者や心理カウン
セラーのほかに、最近は、弁護士さんも、随分、精神的にも助けになってくださる場合が多いです。

19 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 07:24
君も夜遅くまで書き込みしているみたいだから心配だ。1人だから大変だろう。
京都の人たちも心配している。
呉々も体には気を付けてくれ。

21 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 07:31
ネット被害対策室
http://www002.upp.so-net.ne.jp/dalk/higai.html

WEB110番
http://web110.com/

ネット犯罪予防策
http://www.kaiteki-net.com/nettrouble/netcrime/netcrime6.html

インターネットホットライン連絡協議会
http://www.iajapan.org/hotline/

22 名前:幹部会員 :04/03/31 08:07
今年私の地区では入学式が二大学重なってしまったので戦力半減
してしまうので勧誘が大変です。

23 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 09:07
自分は客観的に正しい判断が出来てると思っているから悲しいねw
中傷・悪口にはまるのもいいけど、自分勝手は自分の中で終わらせてほしいよね。
正義のつもりで(というか荒らしのため?w)睡眠時間を削るのはやめなさいって。

24 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 10:00
親鸞会の元信者の方々からいかにも話を聞いたようなふりして、
親鸞会の歪んだ実態とか言って、悪らつな書き込みをする者がいます。
そうゆう僕も悪口や中傷をカキコする香具師にひっかかって
少しの間、無駄な時間と金を費やしてしまいました。
ちょっと親鸞会の肩をもつと罵倒され、スレを荒らしまくります
非難の内容もくだらないし、体質も悪質だ。

25 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 11:03
また今日もネット対策に力を入れる親鸞会?

26 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 11:27
>>25
また今日も中傷・悪口に力を入れる元会員?

27 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 11:31
1.看板はその通り。
楽しそうなサークルで、「人生の目的がわかる」や「なぜ生きる」が明らかになる、素晴らしい団
体です。正しい団体ですから名前に偽りありません。相手の団体名を聞く、 その組織のトップ
は誰かと聞く、どんどん聞いて下さい。お答えします。
2.恐怖心をあおる勧誘だと言う人はおかしな人です。
「今入らなければ必ず後悔するYO!」ごく普通のサークル勧誘の言葉ですが、これで恐怖心をあお
る勧誘という人がいたら余程悪意を持った人でしょう。こんな人の言うことを聞く必要はありません
ので、安心して話を聞いて下さい。
3.おかしな人が何を言っても無駄。
勧誘する人は魅力的であり、やさしく思いやりのある人です。社会的に全く害はありませんが、断り
たかったら断って下さい。普通のサークルの勧誘ですから良くあることです。彼らは「授業のとり方
を教えてあげる」とか「親切な先輩がたくさんいるから」 などの、どこのサークルでも言われるような
言葉を言いますが、これを「あなたの警戒心をとく甘い誘惑をたくさん用意しているので注意しなけ
ればなりません。」と言う人は頭がどうかしていますね。
4.誰かに相談する
「ここでの話は深い意味がある。よく理解して、友人や家族にどんどん話をしよう」
と言われます。友人や家族などどんどん話して頂いて結構です。実際家族や友人に
話す人がほとんどです。父兄同伴のゼミも頻繁に主催しています。
http://homepage2.nifty.com/shinran/other/kizuna.htm
5.ネットで検索する
「インターネットにはヘイトサイトというのがあって、嘘ばかり書いてあるサイトがあるから気をつける
ように」などと世間では言われています。でもどんどん検索して頂いて構いません。
沢山のサイトがありますので自分で良く読んで真否を判断して下さい。親鸞会に悪意のある人が、
暇をもてあまして、どれだけ多くの掲示板を荒らして根拠無き誹謗中傷を書き込み、醜態をさらしているか、
その異常なほどの粘着ぶりを確めるのも一興です。
親鸞会総合リンク集 http://www.ii-park.net/~neko-koneko/

28 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 11:33
親や友人に話さないと批判したかと思えば、
今度は親に話すのは金の為だの学院の為だの。
言っていることに全く一貫性がないばかりか、
全て憶測・または思いこみ。もちろん根拠なし。
精神を病んでいるとしか思えない。
もっともそれが事実だとしても、
彼はそれを親鸞会のせいにするでしょう。

5.親鸞会の主張は全て間違いと言われたら、要注意!
親鸞会の主張がすべて誤りであり、自分の捏造発言だけが正しいと言われたら、そのバカから早く
離れましょう。あなたはもう精神破滅的2ちゃんねらーの一員と思われています。精神破滅的2ちゃんねらーになり、長い年月
をヒッキーとして粘着質の荒らしで費やした人には、親鸞会の主張は全て間違っていると妄想しています。

29 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 11:34
私は元はキリスト教をやっていましたが.縁あって大学を出てから
4年程親鸞会に入っていましたが.今言われているようなマインド
コントロールや寄付を強要されるような事は.ぜんぜん有りません
でした。
親鸞会はちょっと熱心すぎる所が有りますから誤解されるのか
そうでなければ学会の方かもしれません。
学会の人の中には.真宗を訳も無く憎んでいられる方があります。
私が親鸞会をやめたのも.あまり熱心に法座にさそわれたのですが
仕事の関係でほとんど出れなくなり.やむなく退会しましたが
親鸞会のおかげで.すばらしい幸福をいただきました。

30 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 11:35
かつて親鸞会は、このように言いました。
---------------------------------------------------------------
 しかし 親鸞会は公約しています。
 この親鸞会の主張に対して異議、反論のある方は遠慮なく申し出て下さい。
 相手が集団であれ、個人であれ、公開であれ、非公開であれ、討論であれ、
文書討論であれ、相手の希望せられる方法で、時と場所を問わず、
本当の親鸞聖人のみ教えを開顕する為に喜んで対決に応じます。
 どうかみなさん 本当の親鸞聖人のみ教えを確めて下さい。
----------------------------------------------------------------
 そして親鸞会に入ってみてわかったのは、親鸞会は親鸞聖人の教えを一言一句
間違いなく説く団体だと言うことでした。洗脳やマインドコントロールなどという事実
は全くないことがわかりました。
 しかし一部の親鸞会に恨みを持つ者が、ネットの匿名性を利用して根拠無き誹謗
中傷を繰り広げています。その数はきわめて少ないものの、暇なのかそこら中の
掲示板を荒らして情報操作をしています。
 そのため私たちは誹謗中傷の根拠をあげるよう再三にわたって言っておりますし、
何か正すべき所があるならば匿名の掲示板ではなく、姓名を明かして親鸞会へ
直接メールするよう、宣言しています。
 しかし恨みを持つものは、肝心な発言には回答をさけて、相変わらず匿名の掲示板
で荒らしや偽装工作をしています。
 まだ思考停止していないみなさん、偽装工作に騙されず、本当の親鸞会の実態
を自分の目で確めてみて下さい。

親子で知って頂きたい『浄土真宗親鸞会』
http://homepage2.nifty.com/shinran/

親鸞会同窓会サークル「ルボアール」
http://ec.uuhp.com/~revoir/index.html

31 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 11:41
自分は客観的に正しい判断が出来てると思っているから悲しいねw
中傷・悪口にはまるのもいいけど、自分勝手は自分の中で終わらせてほしいよね。
正義のつもりで(というか荒らしのため?w)睡眠時間を削るのはやめなさいって。

親鸞会の元信者の方々からいかにも話を聞いたようなふりして、
親鸞会の歪んだ実態とか言って、悪らつな書き込みをする者がいます。
そうゆう僕も悪口や中傷をカキコする香具師にひっかかって
少しの間、無駄な時間と金を費やしてしまいました。
ちょっと親鸞会の肩をもつと罵倒され、スレを荒らしまくります
非難の内容もくだらないし、体質も悪質だ。

32 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 11:42
>>親鸞会の公式メールアドレスに質問状を送付できない理由があるのでしょうか?
>都合の悪い書き込みは瞬殺されるというのに・・・。
>そんなところへ書き込んでどうしろと?

掲示板に質問貼り付けて、
「親鸞会は答えてくれないんですう」と言っているくらいなら質問状を送付しろと言っているのです。

あなたの今やっていることは、どこぞの壁に質問を落書きして、
「オレが書いた質問が黙殺された!!」と言っているようなものです。
そんなもんに責任もって答えるスポークスマンがどこにいますか?
答える義務も責任も問えないのは明らかです。

大体私は親鸞会の代表者ではありません。
聞きたいことがあるなら掲示板じゃなくて直接親鸞会に訪ねたらいいでしょう、と言っているのです。

「掲示板では答えてくれないから質問状送っても無駄だ」
こんな馬鹿げた詭弁がありますか?
この掲示板で誹謗中傷している人物はこの程度の男ですから、
皆さん知っておかれたら良いです。

35 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 12:03
 昔の親鸞会では、ネットのことが話題になることはありませんでした。昔はネットといっても多くは
ダイアルアップ接続で、公式ページもあったわけでもありませんし宣伝もありませんでした。
 しかし、2000年くらいになって、ネットが学校内や家庭に広まり、さまざまなホームページができるとネットを布教に使うようになりました。
 そして親鸞会の公式ホームページが本格始動してからは、浄土真宗の教えはどんなものなのか、調べる人がネット上に急増しました。
 それまでは本願寺関係の人がサイトを見ても、匿名ですむことが多かったのです
 そして2003年くらいからの興味深いサイトの急増です。ネット検索では親鸞会関係のサイトが多く現れ、多くの人にその存在をアピールできたワケです。公認サイトや各地域の紹介サイトの作成は、顕正に燃える会員が中心となって作っていると思われます。

37 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 12:06
かつて親鸞会は本願寺のことについて、このように言いました。
---------------------------------------------------------------
 今まで親鸞聖人の教えをネジ曲げて大衆をだまし、仏法を喰い物にしてきた
人達は、本当の親鸞聖人の教えが大衆に知れ亘ることを極度に怖れます。
 それは丁度、牛肉だと喰わされていた大衆が、ネズミの肉であったことを知
れば、どんなにか憤激し、離反することは必至だからです。
 だから、それらの人達は本当の親鸞聖人の教えをハッキリさせる親鸞会を蛇
蝎のように嫌い、何の根拠も示さず、対決をさけて非難攻撃しています。

 しかし 親鸞会は公約しています。

 この親鸞会の主張に対して異議、反論のある方は遠慮なく申し出て下さい。
 相手が集団であれ、個人であれ、公開であれ、非公開であれ、討論であれ、
文書討論であれ、相手の希望せられる方法で、時と場所を問わず、
本当の親鸞聖人のみ教えを開顕する為に喜んで対決に応じます。
 どうかみなさん 本当の親鸞聖人のみ教えを確めて下さい。
----------------------------------------------------------------
 そして親鸞会に入ってみてわかったのは、親鸞会は親鸞聖人の教えを一言一句間違いなく説く教えに忠実な団体だと分かったことです。あさはかな自分の考えを、仏の慈悲と智慧によって照らされた時、真実を聞き開けるのです。
 今まで純粋な学生たちに人生の目的を教え、仏法を伝えてきたのは親鸞会であり、
本願寺は教えを説かぬ体質を大衆に知れ亘ることを極度に怖れています。
 そのため親鸞会のさまざまなサイトを蛇蝎のように嫌い、何の根拠も示
さず、しんらんぷりをしています。
 真実を求めているみなさん、念仏称えたら極楽という言葉に騙されず、本当の親鸞聖人の教えを自分の目で確めてみて下さい。

38 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 12:32
「どの宗教でも、結局は同じだ」と、よく言われる。
「ある宗教では仏といい、ある宗教では神という。観音という宗教もある。名こそ異なるが、所詮同じものではないか。だから、どの宗教を信じても結果は同じだ」と放言してはばからない。
 宗教に全く無知な、無責任極まる暴言だ。こんなことを言う人は、特にインテリ階級に多いようである。スペインの哲学者、オルテガ・イ・ガセットの名言『学問ある文盲の徒』と言うにふさわしい。
 日本人は、宗教の知識があまりにも幼稚である。結婚式はキリスト教の教会で、正月には神社に初詣、死ねば仏教、という具合に、なんでもあり、なのだ。
 現在、文部省に登録されている宗教法人の数は、18万4千に上る。それらが自己申告している信者数を合計すると、二億になるという。さらに、年間約100ずつ、法人は増加しているらしい。
 神信心をしている人は、昔から「八百万の神」=たくさんの神サマ、と言う。
 が、最近は「やお屋のおじさんも、よろず屋のおばさんも、一夜明ければ神サマ」などとヤユされるほどに、宗教法人は簡単に製造され、誰でも神サマになれるのだ。
 そして、「イワシの頭も信心から」と言い、二束三文のものでも信じるのは勝手だがら、と何でも容認する。

39 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 12:44
>>前スレの953
>親に話すことも悪いとは言ってなくむしろ当然ですよ。

その当然のことをさせてくれなかったのよ、うちの先輩は。
初めて富山に合宿に行った時は、
「家の人には旅行に行ったって言えばいいよ。」
「いきなり言っても怪しまれちゃうからねぇ。」
と言われ、そのあと
親に合宿に行ったことや、入会したことをさすがに隠しきれないと思い、
電話でちゃんと打ち明けようか、それとも隠し通すべきか相談したとき、
「お前が電話中に会の事に喋りかけたら俺が電話を切ってやる。」
「親との関係も『所詮』縁なんだから」
とか言われた。

45 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 13:19
>>39
作り話おつかれー

インターネット上の名誉・信用毀損事例には、匿名性や不特定多数性などネットの特徴が顕著に現れる。
ニフティや2 ちゃんねるを舞台とした近時の裁判例や、東芝ビデオデッキ事件の模倣事案、著名掲示板のファイナンス情報欄での信用毀損事案、女性になりすまして援助交際希望などと記載した個人情報漏洩事案等々。
訴訟に際して発信者の特定ができず、ISPを被告とする例が多かった。しかし、ISPの責任には限界があり、加害者の責任を追及する方法を探る必要がある。
発信者情報入手には弁護士照会制度(弁護士法)や文書提出命令・送付嘱託(民訴法)、発信者情報開示請求(プロバイダー法)などがあるが、どれも限界がある。
迅速かつ低コストの発信者情報保存の手続きや国際的連携による発信者情報保存手続き、また証言拒絶権の制限の余地の検討など、法的制度へ期待が寄せられるゆえんだ。
ログ保存だけでも匿名性の悪用への抑止力になりえるはず。

49 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 13:34
>>前スレの953
>親に話すことも悪いとは言ってなくむしろ当然ですよ。

うん、確かに当然のことだからしようねって言ったよ、うちの先輩は。
初めて富山に合宿に行った時は、
「家の人には心配かけないように、ちゃんと合宿のこと話すんだよ。」
「旅館の電話番号とか住所とか、きちんとメモして渡すんだよ。」
と言われ、そのあと
親に合宿に行ったことや、入会したこともきちんと話して、
地元の講演会や本部の御法話に誘った方が良いか相談したとき、
「まず地元の講演会に誘った方がいいね。親子部会でも良いけどね。」
「親御さんには大きな恩を受けているから、いずれは本部にお誘いしたいね。」
とか言われた。

大切な家族の絆
http://homepage2.nifty.com/shinran/other/kizuna.htm
親子で知って頂きたい浄土真宗親鸞会
http://homepage2.nifty.com/shinran/
親鸞会同窓会サークル ルボアール
http://ec.uuhp.com/%7Erevoir/
親鸞会総合リンク集 公認サイト
http://www.ii-park.net/%7Eneko-koneko/
親鸞会総合リンク集 関連サイト
http://www.ii-park.net/%7Eneko-koneko/index2.htm

50 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 13:35
ところで苦労婆は消滅?

51 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 13:35
有名な『徒然草』に、目的を見失った、哀れな男の話が載っています。

 ある男が、親から、「仏教の勉強をして立派な僧侶になりなさい」と教えられた。
 そこで、彼はまず、馬の乗り方を習った。法事の際、施主が馬で迎えに来たとき、落馬したらつらいだろうと思ったからである。
 次に、法事の後の酒席で、何も芸ができなかったら、施主が興ざめに思うだろうと、歌を習った。
 乗馬と歌謡の力がある程度ついた後も、もっと上達したいと打ち込んでいるうちに、仏教を勉強する時間がないまま、年をとってしまった。
 この僧侶だけが愚かなのではない。世間の人々にも、同じようなことがあるものだ。  一生をのんびりと構え、つい怠けて、目前のことばかりに心を奪われ、月日を送っている。肉体は、走って坂を下る輪のように、どんどん衰えてゆくのだ。
 だから一生のうちで、どれが一番大事なことか、よく考えなければならない。その他は断念して、一番大事なことに励むべきである。(第188段・要約)

 この男の場合、仏教の勉強をして立派な僧侶になるのが目的でした。

 ところが一番大事な「目的」を忘れ、急がなくてもいいことに熱中しているうちに、年をとってしまった、という笑い話です。

『徒然草』は鎌倉時代の随筆です。作者・吉田兼好の指摘を人生に当てはめるなら、まず、「生きる目的」をハッキリ知ることが重要だということです。目的が明確になれば、何を優先すべきか、自ずと決まります。

 目的を見失い、目前のことに振り回されていると、一生は、アッと言う間に過ぎてしまいます。いつの時代でも、大切な心掛けです。

52 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 13:41
>>50

無料レンタルサーバ&無料レンタル掲示板「ぶっとびねっと」

現在メンテナンスを行っています。
終了予定時刻は30日24時です。

54 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 13:44
>>52
そうか、それなら良かった。

56 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 13:48
>>887
>「ここでの話は深い意味がある。よく理解して、友人や家族にどんどん話をしよう」
>と言われます。友人や家族などどんどん話して頂いて結構です。実際家族や友人に
>話す人がほとんどです。父兄同伴のゼミも頻繁に主催しています。
最近は家族や友人の顕正がさかんというのは本当です。(新入生初期は違いますが)
以前は御法話の無い日曜日は必ずビデオ御法話でしたが、
最近は親御さんのための部会があったりします。
これは私の憶測ですが、正本堂建立御報謝のために親御さんにも御報謝を勧めたいと
いうことと、学院に入るための条件である両親の説得をスムーズにして早く講師になって
もらいたい、という思惑があるように思います。
というのは、下宿生は親の反対を受けにくく幹部にしやすいが、親の仕送りから出す御報
謝はしれているし、親と会う機会がなかなかないということで両親を顕正しにくく、学院にい
くというときに猛反対を受けてつまずきやすい。
自宅生は親と一緒に暮らしているということで、親の反対を受けやすいので自宅生自身を
顕正しにくく、たとえできても幹部になりにくいが、いったん親御さんを顕正できれば、その
後長く続きやすいし、親御さんにも御報謝を勧められる。
だから親御さん顕正に力を入れるほうが、安定した大きな財源と講師候補をえやすいということです。
現在のようなネット社会では以前のように質より量で顕正していると、突然辞められたり、
噂が広まりやすいが、質を優先することで、結局はお金の量は増えるというわけである。

57 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 13:50
865 :名無しさん@3周年 :04/03/30 04:56
高森氏通風説はちょっと真実味があるね。彼の疲れ方は異常な感じするからね。
もしそうだとすると、ご恩話も空しい所があるな。
亡くなった人を例に出すのは可哀想だが、身内ならば批判されても仕方あるまい。
結局、報恩とばかり彼の体をいたわった婿さんも過労がたたり先年亡くなった。何が
あっても説法をやめないと言っていた高森さんも嫁婿が亡くなる一大事に簡単に説
法を休んでいるね。婿さんが亡くなったのも、思うに彼の教えがおかしいからじゃない
のか。自分が長命する事が使命で他の人は自分の糧になれば良いという思想だろう。
結局、悪知識に従えば地獄に落ちるなりというのが実態だと思う。
多くの人がアルバイトの為に肉体的に疲れ切り、中には精神を病み、また活動の
疲れで過労死し、そして活動中に事故死する。そんな教えの主が善知識である理
由が分からない。
それにH16年の年頭所感、読んでみたが彼の頭は停止状態だ。
彼の書いている内容って「こんな事知りたい」シリーズから進歩がないからね。

62 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 14:48
 昔親鸞会に法論を挑むものは、自分の姓名を明らかにし、公開討論や文書討論で正々堂々と
戦ったものでした。 そうした人には親鸞会も誠意を持って対応しました。

 しかし、2000年くらいになって、ネットが学校内や家庭に広まり、匿名でみもとも知られず好き放題
言いたい事が言えるので、ごく一部のものが事実と異なる誹謗中傷をネット上で繰り広げ始めました。

 2001年、あまりにひどい状況に、そしてインターネット上で親鸞会を知りたい人のために、こちらから
正しい情報を提供する事が急務との考えから、多くの有志が独自にサイト運営を始めました。

 それが2003年くらいからの公認サイト、また会員の独自サイトの急増です。公認サイトの作成は、
学生や青年の有志によって自主的に行われているのが事実です。

詳しくは

大切な家族の絆
http://homepage2.nifty.com/shinran/other/kizuna.htm
親子で知って頂きたい浄土真宗親鸞会
http://homepage2.nifty.com/shinran/
親鸞会同窓会サークル ルボアール
http://ec.uuhp.com/%7Erevoir/
親鸞会総合リンク集 公認サイト
http://www.ii-park.net/%7Eneko-koneko/
親鸞会総合リンク集 関連サイト
http://www.ii-park.net/%7Eneko-koneko/index2.htm

64 名前:講師のロボットになれ! :04/03/31 14:52
白道燃ゆの中に「物を言え、物を言え」という一節があります。
------------------------------------------------------------------
「物を言え物を言え、物を言わぬ者は恐ろしき。信、不信ともに、ただ物を言え。
物を申せば心底も聞こえ、又、人にも直さるるなり。ただ物を申せ」
とは、蓮如上人のお言葉である。 (中略)
 いずれにしても、物を言わぬ者は恐ろしい人だ、とまで蓮如上人は仰言ってい
るから、信前、信後を問わず、ハッキリと物を言わなければならない。
 信前の者は、ありのままに心中をさらけ出して、聞き開かねばならないし、合点
させて頂いた者は、未だ合点までもしていない、信仰の浅い人に言い聞かせてあ
げねばならない。
-------------------------------------------------------------------
ところが実際は、
> 376 名前: 一懐疑現役 投稿日: 03/02/17 09:08
> 昨日、一昨日の報告します。一昨日はY崎学院長の4年生以上会合と座談会VT。
> Y崎学院長の会合は生活習慣ということでかなり厳しく会合されました。詳しくは
> ・起床と就寝(起床時間を決められた時間にしないものは仏法者でない)
> ・お礼状(3日いないに書くようにせよ)
> ・仔牛・上司に対する接し方(例え、担当仔牛が仏法を説かれなくても、仔牛が相手の
> 機に合わせて説法されているだけかも知れないから、仔牛の言うことには絶対服従。
> 仔牛のロボットなれ。仔牛のいうことは真受けにせよ。)
> ・掃除・勤行

「講師のロボットになれ!」です。
心常念悪の人間が、言いたいことを言えないというのは精神衛上非常に危険です。
退会者の多くが後遺症に悩まされていることからも、親鸞会で行われていることが
カルト宗教と呼ばれるもののマインドコントロールと同じであることがわかります。
 最後に、白道燃ゆの続きに書かれている言葉を。
-----------------------------------------------------------------------
言いたいことを言わずに、心の奥深くタメ糞している人は救われざる人か。その時その
時の心中を、洗いざらい言える気の軽い人が、弥陀の本願に相応するのであろう。
-----------------------------------------------------------------------

65 名前:悪意のバイアスがかかった発言を信用しないように :04/03/31 14:58
>>56
上の発言は単なる憶測ですので、もちろん何の根拠もありません。
それどころかかなり悪意のバイアスがかかって、事実と異なる事が書いてありますので、
本当のことを下に示します。

>「ここでの話は深い意味がある。よく理解して、友人や家族にどんどん話をしよう」
>と言われます。友人や家族などどんどん話して頂いて結構です。実際家族や友人に
>話す人がほとんどです。父兄同伴のゼミも頻繁に主催しています。

家族や友人の顕正がさかんというのは本当です。(新入生初期からそうです)
以前は御法話の無い日曜日は必ずビデオ御法話でしたが、
最近は親御さんのための部会があったりします。
これは、仏教の教えに従って、大恩有る両親に仏法を伝えることを大いに推進しよう。
また、お互い家族両親ともども励まし合って仏法を求められるようにしよう。と言うことです。
現在のようなネット社会では、たとえ事実と全く異なる誹謗中傷や、悪意を持って作為的に
ねじ曲げられた親鸞会情報であっても、誤解を受ける人も多かったのですが、
実際に親子で行事に参加してみてもらえば、そういった誤解も解ける、という点も有ります。

詳しくは

大切な家族の絆
http://homepage2.nifty.com/shinran/other/kizuna.htm
親子で知って頂きたい浄土真宗親鸞会
http://homepage2.nifty.com/shinran/
親鸞会同窓会サークル ルボアール
http://ec.uuhp.com/%7Erevoir/
親鸞会総合リンク集 公認サイト
http://www.ii-park.net/%7Eneko-koneko/
親鸞会総合リンク集 関連サイト
http://www.ii-park.net/%7Eneko-koneko/index2.htm

66 名前:悪意のバイアスがかかった発言を信用しないように :04/03/31 15:03
>>64
どこまでウソを書けばいいのか。
この人が引きこもり生活をしていることは知っているが、
外界とネットでしか接しられないとこうも精神的におかしくなってしまうのかと哀しくなる。

>「講師のロボットになれ!」です。
心常念悪の人間が、言いたいことを言えないというのは精神衛上非常に危険です。
退会者の多くが後遺症に悩まされていることからも、親鸞会で行われていることが
カルト宗教と呼ばれるもののマインドコントロールと同じであることがわかります。

以上全く事実と異なる発言です。
言うまでもないことですが、講師のロボットなどとは言われておりませんし、
退会者が後遺症に悩まされている事もありません。
あえて言えば、「元s」は元から精神的病気と言えるでしょう。

67 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 15:04
>「講師のロボットになれ!」です。
心常念悪の人間が、言いたいことを言えないというのは精神衛上非常に危険です。

まず講師のロボットになれ、という発言自体がでっち上げですが、
親鸞会ではどこを見渡しても言いたいことを言ってはならないとは言っていません。
みんな言いたい放題で困っている位ですし、バスでどこかに行くときも会話がとぎれることがありません。

>退会者の多くが後遺症に悩まされていることからも、親鸞会で行われていることが
カルト宗教と呼ばれるもののマインドコントロールと同じであることがわかります。

退会者の多くというのはどのくらいですか?
こういう発言が「根拠のない情報操作」であり「悪意に満ちた事実の歪曲」です。
知っている人なら知りすぎるほど明らかなことですが、後遺症もマインドコントロール云々もウソです。

皆さん、2ちゃんねるの匿名性を利用して、全くのウソ偽りをさも事実のように言ったり、
また、事実を悪意に歪曲して伝えたりする者の言うことを信用してはなりません。

情報操作に騙されないように致しましょう。
彼はこのスレッドの他にも、多くの大学掲示板で親鸞会に対する悪意に満ちた書き込みを続けています。
個人的な恨みにしてはあまりに行き過ぎています。

親鸞会父母の会
http://homepage2.nifty.com/shinran/

68 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 15:08
人が困難に陥った時、心の拠り所というものがないと困難に耐えられず
立ち向かうことが難しくなる。極端な例をとるとアフガニスタン・タリバン政権のような軍事的、
経済的に貧弱な国家が超大国アメリカに果敢に立ち向かうのは「宗教」があるからである。
宗教への信仰心が明らかに勝ち目の無い絶望的な戦いでありながら屈することを拒んでいる。
人間には狂信的なものは別として信仰が大切である。特にアメリカでは宗教を持っていない人間を
不気味に思い極端に嫌う。日本では政教分離のため公の場で宗教はタブー視されている。
教育の場でも宗教は避けられている。しかし人間は宗教を持たなくてはならない。
日本では最も仏教を信仰している人の割合が多い。海外に行くと外国人によく
何の宗教を持っているかと聞かれる事が多い。その時はもし仏教を信仰しているなら
「I am Buddhist(仏教徒)」と堂々と答えることが重要である。別に仏教徒という言葉に
違和感を覚える必要は無い。キリスト教徒を「Christian」と言うのとなんら変わりはないからだ。

69 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 15:09
 一切の苦悩を厭い、幸福を求めて、私たちは生きている。では、どんな時、人は苦しむか。
 苦しみは、信じていたものに裏切られた時に、生起する。
 病人の苦悩は、健康に裏切られたからであり、大金を落としたショックは、そのお金を当てにしていたからだ。
 失恋の苦悩は、恋人を信じていたからであり、落選の苦痛は、当選の夢が破れたから。
 子供の非行に苦しむのは、「うちの子に限って」とわが子を信じていたから、最愛の人を亡くす悲劇は、その人を愛していたなればこそ、である。
 マイホーム造り一つを生き甲斐に、営々として蓄財し、晩年やっと、夢を果たした男性があった。
 親戚中を招き、新築祝いをした夜更けのこと。付近、一帯に大火が起こり、男性の家も跡形もなく焼失した。
 まだ、火災保険にも入っておらず、全財産を失った男性は、とうとう気が振れてしまったという。
 災害で、九死に一生を得たものの、愛する妻子や家を失い、自殺していく人も多い。みな、信じて疑わなかったものに裏切られ、苦しみ悩んだ末の行為であろう。
 何かを信じ、あて力にしなければ、生きてはゆけぬ私たち。
 だが、深く信じていればいるほど、裏切られた時の苦悩や悲しみ、怒りは大きくなる。
 では、本当に信ずるに値するものは、一体、何だろうか。

70 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 15:11
>「ここでの話は深い意味がある。よく理解して、友人や家族にどんどん話をしよう」

んー、確かに間違ってはないが。
でもこの文だと、話していいのは良く理解した(充分マイコンされた)人だけって感じだな。

71 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 15:13
諸行無常……すべてのものは、時とともに変転し、止まることがない、と教えられた釈尊のお言葉である。
 者も心も人生も、絶えず変化し、常住しない。時代を超え、国を超えて、変わらぬ真理が諸行無常だ。
 コップも茶碗も、机も椅子も、目にみえずとも、変形している。数年も経てば、傷がついたり、変色したりで、肉眼でも、ハッキリ分かるようになる。
 豪壮な建造物も年月とともに、もろくなり、建て直しの時期がくる。
 東京タワーや大阪城天守閣、霞ヶ関の高層ビルも例外ではない。自由の女神やピサの斜塔、エジプトのスフィンクスやマンハッタンの摩天楼も、みなもろくも崩れ去る時がくるのである。
 燦々と輝く、あの太陽さえ、五十億年後には、滅してしまうという。
 バブル経済は崩壊、首相の地位もやがては交替、家族といえど、永久に共にはいられない。
 最後は、この身体さえ、焼いてゆかねばならぬのだ。
 大きく変化するか、少しづつ変化するかの違いはあっても、この世に変化しないものは何一つもない。
 諸行は無常。一切は崩壊に向かっている。
 諸行無常の世にあって、絶対に裏切ることのないもの、本当に信ずべきものを教えられたのが、真実の仏教、親鸞聖人のみ教えなのである。

72 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 15:14
親子で知って頂きたい『浄土真宗親鸞会』
http://homepage2.nifty.com/shinran/
浄土真宗親鸞会を考えるページ「宗教を現代に問う」
http://page.freett.com/jyodo/
親鸞会同窓会サークル「ルボアール」
http://ec.uuhp.com/~revoir/index.html

↑パロディページもいっぱいあります。

各地で反響を呼ぶページ

富山青年の集い
http://aea.to/shinran-shonin/
大分県会員のページ「ちえぞう」
http://www11.ocn.ne.jp/%7Em-tosh/
宮城県会員のページ「杜の都教室」
http://globalconsciousness.cool.ne.jp/
鹿児島県・宮崎県 法友のつどい
http://www.utinti.com/%7Emiyago/

その他、各地で興味深い活動をしています。

75 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 15:34
http://ari.shukyo-gaku.net/modules/mylinks/

…ヅャンヌが登録されてる。w

76 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 15:37
本家も登録してみようかな…

77 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 16:46
 自由の女神が民主主義を象徴しているアメリカ。「ゆりかごから墓場まで」生活が保障されている、北欧の福祉諸国。金持ち国日本は、物質、情報が氾濫し、五分も歩けばコンビニで好きなものが手に入る。
 大自然の下、裸で狩猟採集生活を送っていた頃から見ると、これらは格段の進歩である。
 しかし、どれだけ政治が発達しても、無くならないものが三つあると言われる。
 刑務所と病院と墓場である。
 誰もお世話になりたくない。どころがだ、平和そうな自分の町にもしっかり建てられているではないか。
 どれだけ治安がよくても、犯罪の無い国はない。
 希代の大泥棒、石川五右衛門は最後、釜ゆでにされる時、「浜の真砂は尽きるとも、世に盗人の種は尽きまじ」という言葉を残していったという。
 罪人はいくら捕まえても、また現れる。悪をやめることができぬのが人間の本質であるからだ。
 また、政治をよくしたら、病人や死人が出なくなったところも聞いたことがない。いくら立派な病院や墓を建てようが、苦しみに変わりはない。
 政治は理想国家を夢みれど、人間の根源的苦悩を解決することはできないのである。

83 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 18:21
 我が家の宗旨について、よく知らない、では恥ずかしい。
 日本は、「一応」仏教国でありながら、既成仏教教団が葬式・法事に明け暮れ、国民すべてが宗教に無知なるがゆえに、オウムのような邪教のはびこる土壌があるのだ、と指摘する有識者もある。
 若者がおかしな宗教にのめり込んだら、正しく仏教を伝えなかった家族も、責任を回避できないであろう。
 特に、浄土真宗では、「一文不知の尼入道」を誇り、親鸞聖人のみお教えを知らないことを手柄のように考えている人があるが、聖人が聞かれたら、お嘆きになるに違いない。
 事実、創価学会、天理教などの新興宗教が激しく勧誘した時期は、浄土真宗の家庭に最も多く、魔の手が伸びたのである。教えに無知だから。
 宗教は、唯一絶対真実を説かねばならぬ。「絶対」とか「真実」が、ここにも、あそこにもある、というものであるはずがない。もしあちらこちらにあるのなら、絶対真実ではなく、相対のものでしかない。
 真実の教えこそ、全人類を本当の幸福にし得る。釈尊の説きたもうた仏法、親鸞聖人のみ教えこそが、唯一絶対なのである。

84 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 18:23
 約2600年前、インドにお生まれになった大聖釈迦牟尼世尊は、35歳の御時、最高無常の仏のさとりを開かれた。12月8日の明け方のことと伝えられている。
 そして、80歳2月15日、涅槃の雲にお隠れになるまで、45年間、説き続けられたのが仏教である。
 今日、釈尊のみ教えは、一切経となって、すべて書き残されている。いわゆるお経である。
 その数は、7000余巻と言われる膨大なもの。一日一巻ずつ読んでゆくにしても、20年近くかかる計算になる。
 しかも、漢字ばかりで書かれているため、極めて難解だ。仏教を知りたければ、この経典を繙かねばならない。
 古来、多くの仏法者が、膨大な経典に挑戦し、「これこそ、釈尊の本当のみ心が説かれたお経だ」と、各々感動したものを所依の経典として、一宗一派をうちたてた。
 それが、いろんな宗派となったのである。

91 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 19:00
 真田増丸師は、街頭で、どのように叫んでいたのか。著書の中から、その一端を知ることができる。
「万事に打ち勝って、真に永遠に生くる大法を求めよ!!身をすてて求むる心より信は得られるのである」
「知らずや、無常迅速なることを!!死に対しては毀誉褒貶いずこにかある。敵も味方もない。真に人生を真面目にするものは実に死の一大事である。
 死の前には何物もない
 学問も何かあらん
 金銭も何かあらん
 名利も何かあらん
 毀誉褒貶も何かあらん
 希望も目的も何かあらん
 ああ、死は正しく、我が眼前に横たわっているではないか。死よ!死よ!信仰よ!信仰よ!
 生死の問題は久遠劫より尽未来際にわたる大問題である。世上のことはたとえそれが大問題と考えられても、わずか一世の問題にすぎない。しかるに、信仰は、三世にわたる大問題である。
 生死の大問題にぶち当たれ!生死問題にぶち当たって大煩悶の後、一大光明を認めた人は……如来のお救いにあずかった人は、ああ、その人は不死の人である。永遠に生くる人である」
「悲しいかな、多くの人々は大きな生死問題を煩悶せずして、時に名利や利欲や、位階や権勢のようなものに憧れて、そのために徒に煩悶するばかりである。ああ人よ!こうして君たちは死すべき人となるのではないか!ああ!」
「蓮如上人のお言葉に、弥陀をたのめば南無阿弥陀仏の主になるなり と。南無阿弥陀仏の主になるというは、信心を獲ることである。
 ああ、天は破れ地は壊れ、山川はくずるるといえども、動かざる金剛堅固の、南無阿弥陀仏の家に住む身は、幸いなるかな」

93 名前:元sの大講師ですが、何か? :04/03/31 19:40
【教学聖典の発刊】
   「教学聖典8・9号」を発刊する。
   〔発刊日〕 平成13年7月22日
【学階試験の範囲と受験資格】
  「教学聖典(8)(9)」発刊に伴い、学階試験の範囲及び
  受験資格は、以下の通りとする。

 [大導師試験]
  「教学聖典(1)〜(7)」350問の中から50問
     ※ 受験資格………「教学聖典(7)」まで合格

 [講師試験]
  「教学聖典(1)〜(7)」350問と応用問題、から10問
     ※ 受験資格………大導師以上

 [大講師試験]
  「教学聖典(1)〜(9)」450問と応用問題、ご説法、教学講義、
   ご著書の中から10問
    ※ 受験資格………講師以上

96 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 20:54
 しかし、仏教であるならば、目的は一つしかない。「抜苦与楽」である。「抜苦」とは、苦しみを抜いてやりたいと願う心である。子供が腹痛で苦しんでいる。
 心配でいてもたってもいられない親は、真夜中であっても、子供を連れて、病院のドアを叩くであろう。
 これは子供への、親の「抜苦」の心である。大地震の被害をテレビで見て、「気の毒になあ。私に何かできることはないか」と、ボランティア活動に参加したり、義援金や水・食糧を送るのも、「抜苦」である。
「与楽」は、薬を与えてやりたい心を言う。部屋で遊んでいる子供を見て、「たまには動物園にでも連れて行ってやるか」と思う親の心は、「与楽」である。
他家でおいしそうなお菓子をもてなされると、「これを持って帰れば、さぞ喜ぶだろう」と、子供の顔を思い浮かべるのも「与楽」の心である。
 この「抜苦与楽」はまた、「慈悲」ともいう。「慈」は「抜苦」のこころ、「悲」は「与楽」の心であるから、仏教とは慈悲である。

97 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 20:55
 ところが、人間の慈悲は、続かないのである。
 阪神大震災が起きた当初は、広がる被害に眉をひそめ、義援金を出した人もあろうが、オウム報道がマスメディアを席巻するや、国民の関心はオウムにのみ向けられ、阪神大震災は思い出したように扱われる程度。
 今も、いつ終わるとも知れない避難所暮らしを続け、疲労困憊のあげく、「こんなことなら、ガレキの下で死ねばよかった」と自殺を選ぶ老人もいるというのに、ずいぶん薄情なものである。
 これが続かない人間の慈悲なのだ。
 幼い子供を失った母親の悲しみは、一週間も飲まず食わずで、「この悲しみが癒されることがあるのだろうか。いっそ、一緒に死んでしまいたい」と思うほどだと言われる。
 ところが、死んだ子供が女の子で、20年もすると適齢期、「今頃、あの娘が生きていたら、嫁に行かせるために、多額のお金がいるところだった。死んでくれてよかった」と、悲しみが失せてしまうという。母親の子供に対する慈悲は、この世で最高至純と思われる。
 それでさえ続かないのだから、あとは押して知るべしであろう。
 人間の慈悲はまた、平等ではない。自分の子供は可愛いが、他人の子供にも同じように愛情を注ぐことはできない。
 他家でもらったお菓子を、隣の家の子供にまで持って行く親があるだろうか。

98 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 20:55
 サハリンに地震が起きて、2000人が犠牲になったというニュースもショックだが、我が子が転んでケガをしたことの方が、よほど一大事に思えるのも、差別のある慈悲だからである。
 人間の慈悲は、第三に、智慧の裏づけがないため、盲目的という欠点を持っている。
 よかれと思ってしたことなのに、その通りに受け取られず、後味の悪い思いをすることもある。「こんなことなら、しなければよかった」と、ヤケにもなる。盲目の慈悲だからだ。
 最近は、子供を溺愛する親が増えているようだ。可愛がればさえいいと思っているのだろうか。子供がおもちゃ売り場で、「買ってー」と泣き叫んでいる。すべてを買い与えていたら、「欲しいものは、何でも手に入る」と思うわがままな子供に育ってしまうだろう。
「溺愛し、子供をダメに育ておる」
泣かせておけばいいのだ。そのうち、「泣いても無駄だ」とわかるだろう。
 消化器の病気が治りかけている子供は、餓鬼道から来たかのように食べたがるが、その時が最も肝心だ。医者は飲食をかたく禁じている。
 が、あまりに欲しがる子供にほだされて、「少しくらいならよかろう」と甘く見た親の慈悲が仇となり、全快目前で命取りになった例もある。親の慈悲は、智慧に裏づけられていない証拠だ。

106 名前:名無しさん@3周年 :04/03/31 22:55
勧誘されたときに
「大学卒業した100名にききました。大学時代を色にたとえると?無色・灰色・透明。
大学時代に得たものは?単位、卒業証書、自動車免許。
で、卒業してからは職場と自宅の往復、一休の言った食って寝て起きて糞たれてと、
人生の目的知らないと、こんなつまらない人生で終わるんだよ。
でもこのサークルに入ったら充実した大学生活を保障するよ!」
みたいにいわれて、入部して、しばらく活動してたけど、ついていけなくなって脱会。
クラスメートに親しい友人できなくて、キャンパス内での親鸞会メンバーに出会うのも苦痛で、
会いたくないものだから下宿で何もせずに引きこもりやってました。それで何年も留年しました。
ノイローゼにはなるは
「人生で一番楽しい時期の大学時代は、みんな友人作ったり、異性と交際したりしてるのに、
おれは一体なにやってたんだろうか?」 みたいに自責の念にかられるわで大変でした。

「無色、灰色、透明」というのはどちらにあてはまる言葉だろうか?

119 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 07:13
東京・銀座で、いわゆる「大手」の銀行で、融資事務を担当しています。手続きがうまく進んで、お客さんに笑顔が戻った時はホッとします
しかし、長引くデフレ不況の中、ローン返済の滞る人が増えています。「延滞者リスト」をチェックしながら、一人ずつ催促の電話をかけるのですが、最近もある50代の男性から、
「口座に千円しかないんです。来月まで待ってほしい」
と懇願されました。
ローンの名義人が突然自殺し、生命保険金で債務が完済されることもあります。社会の荒波を目の当たりにする毎日、お金に苦労している人はこんなにいるのかと、日々痛感します。
銀行も膨大な不良債権の処理に追われ、苦しんでいます。人員削減が進められ、行員一人一人の業務の比重は増しています。
朝礼前から机に向かって電卓をたたく同僚に、「おはよう」と声をかけても返事のないこともあります。私自身、仕事が山積みの時は笑顔を忘れがちになり、ハッとすることもあります。
自宅のある横浜から職場まで、朝の満員電車では、立ちながら寝ている人をよく見掛けます。駅にはたくさんの人が無表情でうごめいています。その人の流れに逆らうと、たちまち押しつぶされてしまいます。
「どこに向かって急いでいるのだろう」といつも思います。
学生時代に親鸞聖人のみ教えに出遇えた私は幸せです。
生きる目的に向かっているから、日々の苦しみも意味あるものと思えます。
「人界受生の目的を知らされた者の苦しみは、必ず、報われる苦しみである」のお言葉が支えです。縁のある人に、「生きる目的を伝えたい」と思っています。

120 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 07:15
信仰、信心が、なぜ必要なのか申しますと、私達は何かを信じなければ生きてはゆけないからです。
信心とは、何かを心で信ずることです。
信ずるということは言葉をかえればたよりにする、あて力にするということです。
私たちは何かをたよりにし、あて力にしなければ生きてはゆけません。
すなわち、何かを信じなければ生きておれないのです。
妻は夫を信じ、夫は妻を信じ、親は子供をたよりにし、子供は親をあて力にして生きております。
その他、自分の身体や生命、財産や金銭、家や名誉や社会的地位 等、何かをあて力にして人間は生きております。
だから生きるということは信ずることなのです。
神や仏を信ずることだけが信心ではありません。
昔から鰯の頭も信心からと言われますが、つまらぬ ものでも信じていればその人の信心です。
だからすべての人は何らかの信心をもっているのです。
ところが私たちは、ただ生きているのではありません。
幸福を求めて生きている人ばかりです。
そして一切の苦しみ悩みを厭うております。
苦しみ悩みはどこから起きるのか考えてみますと、信じていたものに裏切られた時に起きてくるのです。
病人の苦悩は健康に裏切られたからであり、家庭の悲劇は夫を信じ切っていた妻が、夫に裏切られたからです。
子供に裏切られた親、親に裏切られた子供。
家の子供にかぎってと深く信じていればいるほど、裏切られた時の親の苦悩や悲しみ怒りは大きいのです。
これで分かるように我々は何かを信じなければ生きてはゆけませんが、やがては我々を裏切ることのあるものを信じて生きるということは馬鹿げたことです。
では、この世で生命をかけて信じても後悔のない、いわゆる、絶対に裏切ることのないものはあるでしょうか。
結論を急ぎましょう。何もないのです。
この世の一切は死ぬ 時にはなんのあて力にもなりません。
この肉体さえ焼いてゆかねばなりませんから。
今死ぬ という時でも変わらぬもの、それは三世諸仏をして成仏せしめた本師本仏の阿弥陀仏あるのみです。
この御仏を信ずるものこそ、永遠不滅の無上絶対の幸福で生きぬ くことができるのです。

121 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 07:16
仏教には、何が説かれているのでしょうか。
お釈迦さま一代の教えは、七千余巻の膨大なお経(一切経)となって今日に伝えられています。
一切経を何度も読破して聖人は、こう断言されました。
「如来所以興出世(にょらいしょいこうしゅつせ)
 唯説弥陀本願海(ゆいせつみだほんがんかい)」
            (正信偈(しょうしんげ))
 釈迦如来が、この世に生まれ出た目的は、阿弥陀仏の本願一つを説くためだったのだ、との明言です。
 仏教は弥陀の本願一つと、言い切られるお言葉には一点の曇りもありません。親鸞聖人の大自信です。
 お釈迦さまが唯一つ説かれた弥陀の本願を、聖人は、「難度海を度する大船」と教えられました。
 本願を大船に、苦しみの絶えない人生を海にたとえられているのです。
 苦しい人生、なぜ生きるか。
 親鸞聖人の答えは、ゆるぎなき確信と勇気を持って、簡潔であざやかです。
「苦しみの波の絶えない人生の海を、明るくわたす大船がある。その船に乗り、未来永遠の幸福に生きるためである」
 主著『教行信証』の冒頭に、つぎのように記されています。
「難思の弘誓は、難度海を度する大船、無碍の光明は無明の闇を破する慧日なり」
                                  (教行信証)
「弥陀の誓願は、私たちの苦悩の根元である無明の闇を破り、苦しみの波の絶えない人生の海を、明るく楽しく渡す大船である。
 この船に乗ることこそが人生の目的だ」
 全人類への一代宣言といえましょう。
 人生の目的は「苦海を渡す大船に乗ること」とはどんなことか。
 一言でいえば、「苦悩の根元である無明の闇が破られ、?よくぞ人間に生まれたものぞ?と生命の大歓喜を得ること」
 です。
 聖人の著書は決して少なくありませんが、これ以外、訴えられていることはない、といっても過言ではないでしょう。
「よろこばしきかな」で始まり「よろこばしきかな」で終わる『教行信証』の、ピンピン輝く生命の歓喜は、この目的を達成した聖人の、熱火の法悦なのです。

122 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 07:32
 我々は、一人旅をしている旅人である。親、兄弟、子供、夫、妻、友人などの肉体の連れはあっても、心の連れがいないからだ。
 生まれて来た時も死ぬ時も心は独りぼっちだから、人生は寂しいのである。
 苦しみ悩みを、他人に聞いてもらうと、たとえ、その苦悩が解決しなくても、救われた気持ちになるものだ。
 しかし、自分の苦しみをすべて分かってもらえるであろうか。あるいは、そんな友人、知人、家族を持っているだろうか。
 相手の傷みを察するぐらいはできるだろう。
 しかし、どんなに親密な夫婦であっても、お互いを心底から理解することはできない。男女の差もあれば、価値観の相違もあるだろう。
 夫の仕事上の苦悩など、妻には分からないし、妻の家庭上の悩みも、夫には理解してもらえない。何でも話しているように見えるが、お互いが秘密の蔵を持っているから、完全に心を開くのは不可能だ。「夫婦は一心同体」といわれるが、結婚披露宴でのきれいごとに過ぎない。
 まことに、「独生独死、独去独来」の仏説通り。三界に真の友はなく、心の旅路に連れはない。

123 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 07:34
 オウム真理教が世を騒がせた。仏教とは名ばかり。「シヴァ神」だの、「ハルマゲドン」だの、仏教とははるか遠い教えに、神秘体験とやらの、ベールをかける。
 脱会者や、反対者には、薬物投与、暴行、すでに仏教とか宗教という範疇を越えて、恐るべき犯罪集団としか、言いようがない。
 不安にかられ、本願寺の一門徒が、質問を寄せた。「今、世間を騒がず新宗教を、どう考えたらよいか?」
 平成7年4月10日付け『本願寺新報』の「信仰Q&A」コーナーである。
 それに対する、回答や、いかに。
「正邪の決めつけは困難」
と、まず見出し。本文では、
「私たちのまわりには、実に多くの宗教がありますが、その中で、どの宗教が正しく、間違っているか、ということを決めることは、とても困難です」
「宗教というものの正邪をどこで見分けるかということが困難なように、私たち真宗者が他の『宗教』に対して論ずることには、むずかしさがあります。
宗教的いとなみとは、皆がそれぞれの個別的ないとなみだからです。(中略)宗教は個別的ないとなみです。『往生はひとりひとりのしのぎ』です。このことに異論はありません」と書いている。
 これが、親鸞聖人の教えを伝えねばならない重責になる、本願寺の発言か、と、耳目を疑う。

124 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 07:34
 浄土真宗の教えは、廃立肝要の教えではなかったか。親鸞聖人ほど、宗教の正邪を明らかにされた方はなかったのではないか。
「末代の道俗、近世の宗師、自性唯心に沈みて浄土の真証を貶し」(教行信証信巻)
「諸寺の釈門、教にくらくして、真仮の門戸を知らず。洛都の儒林、行に迷うて、邪正の道路をわきまふることなし」(教行信証後序)
このように断言されている。
「皆、それぞれ個別的ないとなみだから」と、傍観されるどころか、阿弥陀仏の本願を明らかにせんと、大衆の中に飛び込まれたのが、我が祖師親鸞聖人ではなかったか。
 それを、「宗教の正邪は決められない」と、逃げ腰になり、「他の宗教に対して論ずることは難しい」と、布教伝道の使命を放棄する。
「『往生はひとりひとりのしのぎ』だから」と、蓮如上人のお言葉をネジ曲げて、自己弁護までする始末だ。
 一人一人のしのぎだからこそ、苦しみ悩みの大衆一人一人に信火を灯さんと、生涯を捧げられたのが、蓮如上人ではなかったか。ヌレぎぬもいいところだ。
 オウム問題が、喧伝される今こそ、本当の宗教とは何かを鮮明にする、絶好のチャンスであろう。それとも、本願寺はオウムの残党の反撃を恐れているのか?
 ああ、こんなことでは、門徒が浮かばれない。

125 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 07:36
生ある者、必ず死す。何人にも否定できぬ、厳然たる事実です。
 しかし、多くの人は、「人間一度は死なねばならぬことぐらいは分かっているが、毎日、死ぬ死ぬと思っていては楽しく生きられないではないか。
だから、死をなるべく考えないように、明るく生きよう」と思っています。
 だが、これは真面目な人生観とは言えません。
 核戦争が怖い、ガンが恐ろしい、食糧危機だ、エイズだと騒いでいても、所詮は死が怖いということではありませんか。
 死という核心に触れることが余りにも恐ろしすぎるので、それに衣を着せ柔らげたものと対面しようとしているに過ぎません。
 しかし、どんなに死を考えないように、明るく生きようと努めてみても、必ずやってくる
「自分の死」
から、完全に目をそむけることはできません。
 麻酔薬は、一時苦痛を柔らげゴマ化してはくれますが
、麻酔が醒めたら苦痛と対面しなければならぬように、
やがて私たちはどんなことをしてもゴマ化すことのできない自分の死と、自分だけで対面しなければならない時が、必ず来るのです。
 では、なぜ死が恐ろしいのか。それは、
「死んだらどうなるのか」
という未知の後生に入ってゆく不安があるから恐ろしいのです。
 これを仏教では、
「暗い後生」
といい、
「一大事の後生」
といいます。
 親鸞聖人は、
「一たび人身を失いぬれば、万劫にも復らず。徒に後悔を貽すことなかれ」
     (教行信証行巻)
と教え、それ故に、この後生の一大事の解決を急げ、と叫び続けられたのです。
 この魂の解決をして、死んでよし生きてよしの、無碍の大道へ雄飛しない以上、
人間の求める光明の人生は開かれません。
 一切の人生苦の根源である後生の一大事の解決こそ、
生涯かけての最大事であり、全人類究極の目的なのです。
 この生死の大問題の解決こそが、親鸞聖人の出家の唯一の動機であったのです。

130 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 09:12
 何のために、一生懸命生きるのか、ハッキリしているだろうか。
「生きる」ことを、「走る」ことにたとえてみよう。「なぜ生きる」の人生の目的は、「どこへ向かって走るか」に当たる。一方、「どう生きる」が様々な走り方である。一分でも命を延ばそうとする医療は、「どうすれば長く走れるか」に相当するだろう。
 シドニー五輪女子マラソンで、高橋尚子選手が、日本の女子陸上では初の金メダルを獲得した。だが、もしゴールがなかったら、高橋選手は走ることができたであろうか。
 ゴールなきマラソンは、狂人主催のオリンピック、仮に実行しても、やがて力尽きて走り倒れあるのみである。
「どう生きる」よりも大事なのが、「なぜ生きる」のはず。それなのに、古今東西、「どう生きる」ばかりで「なぜ生きる」の議論は皆無に等しい。ちょうど、「なぜ走る」は不問にして、「どう走る」の話だけで終わるのだ。人類の、最大におかしなことといえよう。
 人生の目的は何だろうか。
 すべての人間は苦しみを厭い、幸せを求めている。だから、幸福こそ、全人類の願いであり目的であろう。
 一方、医療の目的は延命である。臓器移植も、その例に漏れない。
 では、延命は、すなわち幸福だろうか。
 よく、「長生きすれば恥多し」といわれる。「長生きをすると何かにつけて恥をかく機会が多い」の意である。
 阪神淡路大震災で、崩壊した家屋の下から助け出されたお年寄りの、孤独死の悲劇が報じられた。自分だけが生き残り、子や孫と接する機会も絶えてしまった。
この先、どんな楽しみがあると言うのか。被災地で受けた心の空洞は、決して埋まらないのである。

132 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 09:24
 東本願寺(大谷派)の近代教学とは、清沢満之という明治初頭の学僧が提唱した「精神主義」を、彼の弟子たち(多田鼎、暁烏敏、曾我量深、金子大栄、安田理深ら)が継承していったもので、後生の一大事を歪曲し、来世を否定する邪義である。
 清沢は、「自分にとっての三部経とは『阿含経』、『エピクテタスの語録』、『歎異鈔』だ」と語り、「来世の幸福は、私はまだ実験しないことであるから、此処に陳ぶることは出来ぬ」
「地獄極楽の有無は、無用の論題なり」などと、それこそ無用な西洋哲学を混入し、仏教の根幹・三世因果 に立脚した真宗教学を混乱させた。
 そのため、お聖教とかみ合わず、「後生」という言葉を多用された蓮如上人を軽視する方向へ脱線していく。
 曾我量深は、真宗同朋会の席で、蓮如上人を一段下に置き、「親鸞聖人のみ教えを一層明らかに」と発言した。ある人が、
「親鸞聖人、蓮如上人のみ教えはすでに定まっていて、一つであると思っていましたのに」と質問したところ、皆で嘲笑したという。
 曾我量深の第一弟子、安田理深に至ってはマルクス主義者ともいえよう。安田の本には、
〈念仏眼を開けば、釈尊と我々と別 はない。
仏法は無我の教えである。又親鸞の奴隷になるな〉
などと不遜な言葉で、無差別 平等思想を放言している。
 暁烏敏の『五悪段講話』によると、〈元来阿弥陀仏とは、釈尊自身の内的生活を叙述する一創作の上の主人公であります〉と書かれてある。
これでは親鸞聖人が厳しく破邪された「唯心の弥陀」である。
 これら近代教学の祖と呼ばれる者たちは、真実信心からではなく、凡夫の理性で、後生や阿弥陀仏をとらえ、観念の遊戯、空理空論に陥っていった。
 しかし、その哲学的な論調が、西洋思想崇拝の時代の風潮に適合したのか、彼らを担ぐ者たちが「近代教学」ともてはやし、
仏説を大きくねじ曲げて、今日に至ったのである。

141 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 10:10
 宗教の正邪を論ずることを悪く言う者は、「どんな宗教でも、悪いことを教えていない」という考えが根底にあるからだ。
 しかし、そんなことを言っているから、オウム真理教のような事件が起きるのだ。
 毒ガス、細菌兵器、銃の密造、拉致、監禁、暗殺……、およそ「宗教」とは似ても似つかぬ犯罪が次々に明らかになっている。
 一連のオウム事件は、「宗教」や「信心」の正邪の識別高低浅深の判別の重要性を改めて人類の前に提示したといえる。
宗教の正邪
 この狭い日本に、毎年百件のペースで新しい「宗教法人」が誕生し、すでに18万4千もの宗教が跋扈している。
 どの宗教でも、「わが宗こそ唯一絶対の宗教で人類の救われる真実の教えである」と言わないものはない。
 その教えは種々雑多であるばかりでなく、まるっきり正反対のものが、すさまじく鎬を削っている。
 みせかけの上では、一応どちらも、もっともらしいことをお子得ているから、悪いものはないように思うのも無理はないが、唯一絶対真実の宗教が、あそこにもある、ここにもあるというものでは断じてない。
 私達は、一つしか無い体で、右と左の両方に同時にかけだすことはできないから、そのどちらかを取捨選択しなければならない。

142 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 10:11
 サハリンに地震が起きて、2000人が犠牲になったというニュースもショックだが、
 我が子が転んでケガをしたことの方が、よほど一大事に思えるのも、差別のある慈悲だからである。
 人間の慈悲は、第三に、智慧の裏づけがないため、盲目的という欠点を持っている。
 よかれと思ってしたことなのに、その通りに受け取られず、後味の悪い思いをすることもある。
 「こんなことなら、しなければよかった」と、ヤケにもなる。盲目の慈悲だからだ。
 最近は、子供を溺愛する親が増えているようだ。可愛がればさえいいと思っているのだろうか。
 子供がおもちゃ売り場で、「買ってー」と泣き叫んでいる。
 すべてを買い与えていたら、「欲しいものは、何でも手に入る」と思うわがままな子供に育ってしまうだろう。
「溺愛し、子供をダメに育ておる」
泣かせておけばいいのだ。そのうち、「泣いても無駄だ」とわかるだろう。
 消化器の病気が治りかけている子供は、餓鬼道から来たかのように食べたがるが、
 その時が最も肝心だ。医者は飲食をかたく禁じている。
 が、あまりに欲しがる子供にほだされて、「少しくらいならよかろう」と甘く見た親の慈悲が仇となり、全快目前で命取りになった例もある。
 親の慈悲は、智慧に裏づけられていない証拠だ。

143 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 10:12
 このように、人間の慈悲は
 1続かない
 2平等でない
 3盲目的である
 という欠点を持っているが、仏さまの慈悲には、そんなことはない。
 永続し、平等であり、智慧に裏づけられた慈悲である。ゆえに、大慈悲という。
「仏心とは大慈悲これなり」(観無量寿経)
 今、世界の目は東洋に向けられている。
 キリスト教が根底にあるヨーロッパは、二度の世界大戦で疲れ果てた。
 変わって世界の主導権を握ったアメリカも、ソ連との冷戦で大きく傷つき、国内は凶悪犯罪の増加で疲弊し切っている。
 精神的支柱であるはずのキリスト教は、因果の道理を無視し、神の前で懺悔すれば罪は償われるとするため、犯罪が増加するのは当然だ。
 全人類の苦しみを抜き、楽を与える慈悲の精神の仏教こそ、平和で幸福な新しい世界の秩序となり得る唯一の教えであることに、ようやく世界が気づいたのである。

144 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 10:13
人生の目的
 お釈迦さまは仏教に何を説かれたのか。それは我々人間にとっての根源的問題、『人生の目的』であった。
 人生の目的とは、「人は何のために生まれてきたのか、何のために生きているのか、どんなに苦しくても生きてゆかねばならぬのは何のためか」である。平易に言うと「なぜ生きるか」だ。
 全人類の最も大事な問題である。
「人生の目的?そんなものないよ」という人がある。
 例えて言うとどんな人か。
 今、水と空しか見えない太平洋の真ん中に浮かんでいるとする。見渡す限りが水平線。
 じっとしていると沈んでしまうから、どこかに向かって泳がねばならない。一体どこに向かうのか。
「泳げるだけ泳ぐしかないよ」しかし、限りある体力で、果てしない大海原を泳いだらどうなるか。
結果は瞭然、力尽きて土左衛門になるだけである。
 これが、人生の目的なんてないよ、という人の姿である。

145 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 10:48
 また、「生きる」とは、「歩く」、「走る」、「泳ぐ」、飛行機なら「飛ぶ」、などの行為と等しい。
 昨日から今日、今日から明日へと我々は生きている。まず一番にどこに向かって進むか、目的地を知らねばならない。
 歩いている人に、「どこに行くの」と聞いて、「分からない」という人はいないだろう。一生懸命走っている人が、「ゴールなどない」とも言わない。
 歩くために歩いている、走るために走っている人はいない。必ず目的地があるはずである。
 もし、そういう人があるなら、歩き倒れ、走り倒れあるのみだ。泳いでいる人なら、土左衛門、飛行機なら墜落あるのみ。
 尺取り虫を知っているだろうか。指で尺を取る時のような形で動く、幼虫である。
「人生の目的などない」という人は、ちょうど、丸い火鉢の縁を回り続ける尺取り虫のようなものだ。
最後、力尽きて火鉢におちる悲劇しか待っていない。
 しかも、一生懸命になればなるだけ、早く体力を消耗し、火鉢に落ちてしまう。人生に目的がなければ一生懸命生きることに全く意味がない。
 本気で「そんなものないよ」というのは狂人の戯言である。

147 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 11:50
>>114

過去スレでhtml化待ちのはいつhtml化されるのでしょうか?

>html化されれば読めるようになります。(通例、2〜3ヶ月ほどかかります)

もう一年以上たってますよね。

148 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 12:01
>>147
まあ内容は見えるんだし、いいんじゃない?

149 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 12:03
 本当の親鸞聖人の教えを聞き求め、一人でも多くの人にお伝えする。これ以外に浄土真宗親鸞会の目的はありません。

 人は何のために生まれ、何のために生きているのか、なぜ苦しくとも自殺してはならぬのか。
 すべての人のいちばん知りたい人生の目的を明らかに教えられた方が、親鸞聖人です。聖人の教えを聞けば、生きる目的がハッキリ知らされます。

 親鸞聖人の教えにより、人生の目的を知り、達成し、「人間に生まれてよかった」という生命の歓喜を獲得していただきたいと思います。

151 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 12:05
お釈迦さまは仏教に何を説かれたのか。それは我々人間にとっての根源的問題、『人生の目的』であった。
 人生の目的とは、「人は何のために生まれてきたのか、何のために生きているのか、どんなに苦しくても生きてゆかねばならぬ のは何のためか」である。平易に言うと「なぜ生きるか」だ。
 全人類の最も大事な問題である。 「人生の目的?そんなものないよ」という人がある。
 例えて言うとどんな人か。
 今、水と空しか見えない太平洋の真ん中に浮かんでいるとする。見渡す限りが水平線。じっとしていると沈んでしまうから、どこかに向かって泳がねばならない。一体どこに向かうのか。 「泳げるだけ泳ぐしかないよ」
しかし、限りある体力で、果てしない大海原を泳いだらどうなるか。結果 は瞭然、力尽きて土左衛門になるだけである。
 これが、人生の目的なんてないよ、という人の姿である。

徳川300年の基礎をつくり、天下統一、征夷大将軍にまでなった家康は、彼の人生の目的を達成したかのように見える。
 しかし晩年、栄光の一生をこう述懐している。
「人の一生は、重荷を背負うて、遠き道を行くが如し」
 生涯、重荷をおろすことができなかった。その上休むこともできず、
果てしない道を歩き続けねばならなかった、
と二重苦を告白しているのである。
 家康が掴んだものも、丸太に過ぎなかったのである。人間苦悩の重荷は、幕府を開き、
天下取りの夢を果 たしてしても降ろすことはできなかった。
 では、我々を絶対に裏切らない船はどこにあるのだろうか。
『大悲の願船に乗じて、光明の広海に浮かびぬれば、至徳の風静かに衆禍の波転ず』
 親鸞聖人が、『教行信証』に明記なされている。
 仏教には、丸太や板切れしかない大海原で唯一、大きな船の存在が説かれているのである。この大悲の願船に乗ることこそが、人生究極の目的である。
 人間に生まれてよかった、という生命の大歓喜は、人生の目的を果 たしてこそ、生まれてくるのである。

152 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 12:07
全人類にとって最も大事な「苦悩の根元」と「その解決法」を教えられた親鸞聖人に、心のこうべを垂れてぬかずき、心よりご恩を感じさせていただいております。
 アカだらけ、泥まみれの汚れ切った自分を、少しもそう思わずに生きてきました。
 しかし仏法と出遇い、今まで犯してきたいちばん重い罪とともに、どんどん落ちていく自分を見せつけられました。
地獄の火坑にほうり込まれ、かま底をたたいたと同時に浮かび上がり、大安心、大満足の境地に至らせていただけた幸せは、どう考えても不思議の中の不思議です。
 いつでもどこでも地獄必定の極悪人が、極善無上の幸せ者とは、過去どんなご縁があったのでしょうか。
 うぬぼれ強い自分が随犯随懺照らし出され、真実の自己をハッキリ分からせていただき、苦悩の根元は「無明の闇」一つと知らされました。
 弥陀のおっしゃる「唯除五逆誹謗正法」は、真の中の真、本当に本当でありました。
 止めどもなくあふれる喜びを抑え切れません。
 ここまでお導きくださった善知識方のご恩にどうしたら報いられましょう。
 ご説法後の恩徳讃は、私の決意表明として、大きな声で歌わせていただいております。
 親鸞学徒の名に恥じぬよう、真実を叫び続けたいと思います。

 阿弥陀如来の本願は、まさに、超世希有であり、世界中どこにもない弘誓です。
「若不生者不取正覚」の大願が、私の心に響き渡っています。
 高森先生は、親鸞聖人のみ教えをそのまま伝えられ、私の心に信心の花が咲き、往生の実を結ぶ身になるまで、育ててくださいました。
 多生億劫からの暗い心が晴れました。
 本当に不思議なことです。
 私一人がための弥陀の本願、まことでありました。
 この上なく楽しく、幸せです。
 うれしさのあまり、ただ涙が流れて、懺悔せずにおれません。
 身を粉に骨を砕いても、阿弥陀如来のご洪恩には報い切れません。

 皆様も真実の仏教を親鸞会で求めていただきたいと思います。

153 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 12:10
過去スレの、会長の長男のM晴さんが不倫事件を起こしたけど、
会長の息子ということで何のお咎めもなかったというのは本当ですか?

154 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 12:28
事件そのものがありません

155 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 12:29
親鸞会の元信者の方々からいかにも話を聞いたようなふりして、
親鸞会の歪んだ実態とか言って、悪らつな書き込みをする者がいます。

156 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 12:30
情報操作に騙されないように致しましょう。
彼はこのスレッドの他にも、多くの大学掲示板で親鸞会に対する悪意に満ちた書き込みを続けています。
個人的な恨みにしてはあまりに行き過ぎています。

親鸞会父母の会
http://homepage2.nifty.com/shinran/

【参考】
「2ちゃんねる」でソーテックを叩くためやりたい放題する荒らし
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Sunnyvale/5684/akugyou03.htm

158 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 12:39
>真実を求めているみなさん、念仏称えたら極楽という言葉に騙されず、
>本当の親鸞聖人の教えを自分の目で確めてみて下さい。
どこへ行けば確かめられるの?
まさか、親鸞会って言わないよな・・・。
年間60〜70万かかるんだって。
学生でそれだものな・・・。

それ以上の額とられた輩もいるのでは?
被害額一番大きい人ってどのくらいなの?

159 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 12:41
>親鸞会の歪んだ実態とか言って、悪らつな書き込みをする者がいます。
どこに悪辣な書き込みがある?
かなり控えめなんでは?

161 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 12:51
どういう計算したらそうなるのかね?
国に払う税金の方が、ずっと大きいよ

162 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 12:53
布施を強要されることなんてないからね。
するしないも、額の大小も自由なんですよ。
だから「被害」は無いんです。
気持ちのある人がすればいいんです。

163 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 12:54
>一切反応しないことです。
そのとおりだ、S会(創価じゃないよ)を養護するやつは、
二度とくるな。

164 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 12:54
http://homepage2.nifty.com/shinran/
このサイトは、親子で親鸞聖人の教えを聞く「浄土真宗親鸞会 父母の会」が作成いたしました。

http://nyanko800.zdap.jp/
作者「親鸞会 会員 うみキリン」の素顔

http://www2.ocn.ne.jp/~shinran/
製作協力 浄土真宗 親鸞会 のみなさん (^o^)

http://kuroneko.s55.xrea.com/
浄土真宗親鸞会関連ウェブログ

http://ec.uuhp.com/~revoir/
ここは学生時代に、共に親鸞会で仏法を学び、
卒業して社会人として活躍する会員の、現場の声を集めたものです。

165 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 12:56
根拠のない全くのでっち上げです。
皆さん、2ちゃんねるの匿名性を利用して、全くのウソ偽りをさも事実のように言ったり、
また、事実を悪意に歪曲して伝えたりする者の言うことを信用してはなりません。

169 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 13:00
>事実を悪意に歪曲して伝えたりする者
S会のことだろ?
Sらん聖人は偉人かもしれんが(どっちでもいいが)
S会はじじつを歪曲して集金活動しているw。

S会ってすると、S会とは限らなくなるね!

170 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 13:01
>>147

要らないかもしれませんが、一応貼っておきますね。
http://makimo.to/

>>153

そういうのは、読んでどう思うか、
確認できる事に対して疑惑を拭い切れるか否か、
それだけの話でしょう。

例えば相手の方はなぜかタイミングよく沖縄に飛ばされたりしてます。
http://homepage3.nifty.com/bosatudo/

>>161
>どういう計算したらそうなるのかね?
横槍ですが、恐らく↓じゃないでしょうか。
http://homepage1.nifty.com/you/t3_zen.htm#情報制限(拘束)

174 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 13:12
>173
ひろゆきにいってくれ

たとえば、腕の悪い動物病院があって患畜から非難ごうごうだったとしよう。(例えばだぞ)
しかし、多くの動物たちは施術ミスで病状が悪化することなく助かったことでしょう。

動物病院→S会(謎)

175 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 13:15
>162
年間60万以上使って、退会したらあしざまに言う
宗教団体があるんだ。
オームみたいだね。

176 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 13:18
払う瞬間は被害でないと思っても、
やめた人間にとってはそう思ったこと自体が被害。

177 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 13:20
生きていればお金を使うのは当然。
御報謝を強要などはいたしません。

178 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 13:21
>>174
>しかし、多くの動物たちは施術ミスで病状が悪化することなく助かったことでしょう。
これは、174さんの主張ですか?

179 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 13:22
だから何?

180 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 13:25
いや、S会側の主張っぽく見えたもので。

181 名前:180 :04/04/01 13:28
あ、ごめんなさい。
やっと分かりました。

182 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 13:30
西本願寺などは、御影堂の改修に何百億と税金を貰っています。
強制的に国民は払わされているんですよ。

ならおれたち被害者か。

183 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 13:31
君も夜遅くまで書き込みしているみたいだから心配だ。1人だから大変だろう。
京都の人たちも心配している。
呉々も体には気を付けてくれ。

184 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 13:46
>>182
郷に入っては郷に従え

但しS会の場合は、その前に「郷に入れ」がつく

185 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 14:04
>>170
そんなところがあったとは、ほんに今まで知らなんだー

【藁】かんばってる子【藁】〜 親鸞会総合スレ19
http://makimo.to/2ch/etc_psy/1042/1042719618.html
親鸞会に向かって心地悪い果実〜S会総合スレ20
http://makimo.to/2ch/etc_psy/1047/1047562758.html
親鸞会に向かって心地悪い果実〜S会総合スレ21
http://makimo.to/2ch/etc_psy/1053/1053055681.html
21世紀 親鸞会の崩壊とM春の時代?〜VOL.22
http://makimo.to/2ch/etc_psy/1055/1055480001.html
色道燃ゆ!○邪淫-M春?○〜 親鸞会総合スレ23
http://makimo.to/2ch/etc_psy/1060/1060006975.html
【親バカの心】 親鸞会総合スレNO.24【子もバカ】
http://makimo.to/2ch/etc_psy/1064/1064158328.html
【なぜ救われぬ】 親鸞会総合スレNO.25【会内輪廻】
http://makimo.to/2ch/etc_psy/1066/1066024875.html

189 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 14:32
 一切の苦悩を厭い、幸福を求めて、私たちは生きている。では、どんな時、人は苦しむか。
 苦しみは、信じていたものに裏切られた時に、生起する。
 病人の苦悩は、健康に裏切られたからであり、大金を落としたショックは、そのお金を当てにしていたからだ。
 失恋の苦悩は、恋人を信じていたからであり、落選の苦痛は、当選の夢が破れたから。
 子供の非行に苦しむのは、「うちの子に限って」とわが子を信じていたから、最愛の人を亡くす悲劇は、その人を愛していたなればこそ、である。
 マイホーム造り一つを生き甲斐に、営々として蓄財し、晩年やっと、夢を果たした男性があった。
 親戚中を招き、新築祝いをした夜更けのこと。付近、一帯に大火が起こり、男性の家も跡形もなく焼失した。
 まだ、火災保険にも入っておらず、全財産を失った男性は、とうとう気が振れてしまったという。
 災害で、九死に一生を得たものの、愛する妻子や家を失い、自殺していく人も多い。みな、信じて疑わなかったものに裏切られ、苦しみ悩んだ末の行為であろう。
 何かを信じ、あて力にしなければ、生きてはゆけぬ私たち。
 だが、深く信じていればいるほど、裏切られた時の苦悩や悲しみ、怒りは大きくなる。
 では、本当に信ずるに値するものは、一体、何だろうか。

190 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 15:04
 諸行無常……すべてのものは、時とともに変転し、止まることがない、と教えられた釈尊のお言葉である。
 者も心も人生も、絶えず変化し、常住しない。時代を超え、国を超えて、変わらぬ真理が諸行無常だ。
 コップも茶碗も、机も椅子も、目にみえずとも、変形している。数年も経てば、傷がついたり、変色したりで、肉眼でも、ハッキリ分かるようになる。
 豪壮な建造物も年月とともに、もろくなり、建て直しの時期がくる。
 東京タワーや大阪城天守閣、霞ヶ関の高層ビルも例外ではない。自由の女神やピサの斜塔、エジプトのスフィンクスやマンハッタンの摩天楼も、みなもろくも崩れ去る時がくるのである。
 燦々と輝く、あの太陽さえ、五十億年後には、滅してしまうという。
 バブル経済は崩壊、首相の地位もやがては交替、家族といえど、永久に共にはいられない。
 最後は、この身体さえ、焼いてゆかねばならぬのだ。
 大きく変化するか、少しづつ変化するかの違いはあっても、この世に変化しないものは何一つもない。
 諸行は無常。一切は崩壊に向かっている。
 諸行無常の世にあって、絶対に裏切ることのないもの、本当に信ずべきものを教えられたのが、真実の仏教、親鸞聖人のみ教えなのである。

195 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 17:16
「あなたの家族が、自殺しようとしたら、どう言って止めますか」  こう聞かれ、自信を持って答えられる人は、どれだけあるだろう。
 平成10年の自殺者は、急激に増加し、初めて3万人を突破した。1日あたり約90人も自殺している。自分の家族や友人に、いつ、自殺者が出てもおかしくない。いや、自分自身が、何か大きな障害にぶつかったとき、はたして、大丈夫だろうか?
「死んではならない。生きることが尊いのだ!」 と子供に叫んでいた大人が、次々と自殺してゆくのは、一体どうしたわけか。  平成11年、日本を代表する評論家が手首を切って自殺し、世間を驚かせた。
 校長先生の首吊り、飛び降り、割腹自殺も相次いで報じられた。
 警察官がピストル自殺、エリート官僚が飛び降り自殺、政治家が首吊り自殺……。
 どんな?偉い人?も、分かったつもりで、まったく分かっていないのが、人生の目的「なぜ生きるか」の答えではないだろうか。
 新聞の投書欄には、子供たちの、?心の叫び?が寄せられている。

196 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 17:18
●千葉県・高校二年生 「着たくもない窮屈な制服着せられて、受けたくもないつまらない授業を受けさせられて、
やりたくもない部活やらされて、家に帰っても宿題とか家事とかいっぱいあって、だーれも生きた心地なんてしてないのに『
命の大切さ』なんて口先だけで教えられたって実感なんて持てない」(朝日新聞・平成10年4月20日)

●和歌山県・高校生 16歳 「人は何のために生きているのかと思います。日本人の平均寿命は80歳前後です。
80年間も何のために生きていくのですか?
 学歴社会ー当たり前のように使われているこの言葉が、たいして勉強のできない者にどれだけ不安を与えているか分かりますか。
自分の夢に向かって一生懸命がんばってるのに、つらいことの方が多く残りの人生がとても嫌です。
 最近の高校生はーと、よく言われますが、まじめにやっている者もいるんです。それでもうまくいかなくて、不安で逃げ出したくなって、
自分のような人間が、本当に何か役立つんだろうか、つらいことを乗り越えて、まだ生きていく必要があるのか。
 命は大切です。当たり前のことで、分かっているけど理解できない。あと六十年以上も、この苦しい日本の中で生きていきたくない。
こんな思いで毎日過ごしています。
 人は何のために生きているのですか。だれか教えてください」(産経新聞・平成10年3月19日)

●神奈川県・高校一年生 「実はみなさんに相談があります。  それは『人(自分)は何のために、
何を目的に、何を目指して生きているのか』ということ。自分であれこれ考えて、一度は納得してみるものの、
またすぐに、『夢を目指してがんばるのもいいけど、それをかなえて、そして自分が死んだ時、何が残るのかなぁ?』などと考えてしまいます。
 みなさんに聞けば、いい答えが見つかりそうな気がします。期待しているので、
どうかみなさんの意見を聞かせてください」(毎日中学生新聞・平成11年12月14日)

197 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 17:20
 人は、目的なしに、生きてゆけるだろうか。  朝日新聞の「天声人語」に、次のような話が載っている。

 たしか、ロシアの作家ドストエフスキーの「死の家の記録」だったと思う。囚人に苦役を科し、土の山を別の場所に移し、
またもとの山に戻すといった仕事を繰り返させたら、
数日で首をくくって死ぬだろう、といっている。
 これほど残酷な仕事はない。目的や意味があれば、たとえ苦しいことでも我慢する。だが、まったく無意味なことを自分で知っていて、
しかも努力することはできない。それを強制されれば、ついに自分が自分自身に反抗するようになる。
瀬戸内海の岩国で魚をとる人たちのニュースを読んで、思わずこの話を連想した。
 岩国では汚染源の東洋紡の工場が、海でとった魚をすべて買い上げることにきめた。明け方、漁船が帰ってくると、工場のトラックが待っている。
魚種ごとに魚の目方をはかったあと、工場にはこび、タンクに汚染魚を捨てる。悪臭を放つ魚に、市場値の金が払われる。
 はじめのうちは、取れば取るほど金になるので、精を出して出漁する人もいた。が、やがて漁師たちの疑いがふくらんでくる。
毎日、海に出るのは、捨てるための魚を取るためではない。金になりさえすればよいと、いつまでも割り切れるものではない。たとえささやかでも、
自分の仕事に何らかの意味がなくては生きていけない。
「何のための人生か。漁民だっておいしい魚を食べてほしいのだ」「情けのうて涙が出ます」と口々に訴える声は胸をえぐる。(昭和48年6月16日。朝日文庫より)

 山口県岩国の漁師の苦悩は、胸に迫る教訓である。「生き方」「生の営み」は、お金で解決できるものではない。目的があってこそ輝くのだ。
 ドストエフスキーは、シベリアの監獄に入れられた体験を踏まえ、最も凶悪な犯人に、最も残酷な刑罰を与えようと思ったら、無意味で目的のない労働を科すのが一番だ、と『死の家の記録』に書いている。
 監獄では、受刑者にレンガを焼かせたり、壁を塗らせたり、畑を耕させたりしていたという。強制労働であっても、その仕事には目的があった。
自分が働けば、食糧が生産され、家が建ってゆく。意味を見出せるから、
苦しくとも耐えてゆける。

198 名前:削除マシーン ★ :04/04/01 17:50
http://qb2.2ch.net/test/read.cgi/saku2ch/1028291746/l50#246
上記削除依頼よりきました、削除に対し異論・反論ある方は
七日以内に上記スレにお越しください
異論・反論無き場合削除とします

199 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 18:39
Y田や、K玉ってだれだか分からないだろ?
何で削除いらいなの?

200 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 18:52
「人生の目的がない」という人は、着陸する空港が分からないまま飛んでいる飛行機と同じで、不安、苦悩から離れられない。
 オギャアと生まれた時を、飛行機が飛び立った時にたとえてみよう。大空では、一分一秒たりとも静止できない。休む暇なく飛ばねばならないのが人生である。
 では、どこへ向かって飛べばよいのか。目的地もなく飛び続ければ、やがて燃料切れの墜落が待っているだけだ。

201 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 18:53
 着陸すべき空港が見つからぬまま、刻一刻と燃料切れが近づいてくる。こんな飛行機に乗っている心境はどうだろうか。不安でたまらない。そんな中、美しい音楽を聞いたり、おいしい食事を味わおうとしても、楽しめるはずがない。
 目的地の空港にあたるのが「人生の目的」である。
 いつでも、安全に着陸できる大空港がハッキリしてこそ、本当に、安心、満足した人生が開けるのである。

202 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 18:54
「生命を大切にしよう」
  「自殺してはならない。がんばって生きていけば、きっといいことがあるさ」
  「生きることが尊いんだ」
 このように励ましてくれる人ばかりだ。
 しかし、「とにかく生きよ」と励まされても、方角が分からねば進みようがないではないか。
 ちょうど、見渡す限り水平線しか見えない大海原に、一人浮かんでいるようなものである。四方八方眺めても、陸地がどこか、さっぱり分からない。
 この場合、陸地が「人生の目的」にあたる。じっとしていれば沈むだけ。生きるからには泳がねばならぬ。では、どこへ向かって泳げばよいのだろうか。
「精一杯、泳げるだけ泳ぐだけさ」と強がっても、方向が分からないまま泳げば、ますます、陸から遠ざかるかもしれない。そのうちに体力が尽きて溺れるのは目に見えている。

 その不安に満ちた心境は、まさに、「人生の目的」を知らずに生きる姿である。
 陸地がどこか、ハッキリ分かってこそ、全力で泳ぐことができる。 「人生の目的」は何か、
ハッキリ分かってこそ、どんな荒波も乗り越えて、全力で生きることができるのだ。
 幸福な人生への第一歩は、「なぜ生きるか」、人生の目的をハッキリと知ることである。

212 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 21:17
あんたらどーでもいいかもしれんけど、人生を真面目に考えないのははヨクナイよ。
特に前途有望な国公立大、有名私大の学生達に人生の目的を考えるべきだと
真正面から近づき、5月病になる前に、前向きな心を養うじゃないか。
彼らに期待してお金をかけて育ててきた親は、さそがし驚かれることだろう。
学校も大事だ!とか言うから、テストや授業も真面目に受けて
部会や聴聞に行ってヒマになることないし、卒業後も活躍するし。
信仰を持たない人間は、道徳倫理さえなってないって
聞いたことがあるけど、まさにその通り。人を批判する前に
2chで匿名の誹謗中傷を、やめたまえ。

221 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 22:35
勧誘の激しさなら顕正会。
マインドコントロールの激しさならアレフ。
集金力なら学会。
親鸞会はどれも中途半端。

222 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 22:50
粘着ぶりは親鸞会が一番です。

ほらまた...

228 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 23:08
本願寺必死だな(w
まぁ、門主が本の中で、「人生の目的はない」って言っているくらいだからな。
程度がしれる。

229 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 23:14
 浄土真宗の教えは、廃立肝要の教えではなかったか。親鸞聖人ほど、宗教の正邪を明らかにされた方はなかったのではないか。
「末代の道俗、近世の宗師、自性唯心に沈みて浄土の真証を貶し」(教行信証信巻)
「諸寺の釈門、教にくらくして、真仮の門戸を知らず。洛都の儒林、行に迷うて、邪正の道路をわきまふることなし」(教行信証後序)
このように断言されている。
「皆、それぞれ個別的ないとなみだから」と、傍観されるどころか、阿弥陀仏の本願を明らかにせんと、大衆の中に飛び込まれたのが、我が祖師親鸞聖人ではなかったか。
 それを、「宗教の正邪は決められない」と、逃げ腰になり、「他の宗教に対して論ずることは難しい」と、布教伝道の使命を放棄する。
「『往生はひとりひとりのしのぎ』だから」と、蓮如上人のお言葉をネジ曲げて、自己弁護までする始末だ。
 一人一人のしのぎだからこそ、苦しみ悩みの大衆一人一人に信火を灯さんと、生涯を捧げられたのが、蓮如上人ではなかったか。ヌレぎぬもいいところだ。
 オウム問題が、喧伝される今こそ、本当の宗教とは何かを鮮明にする、絶好のチャンスであろう。それとも、本願寺はオウムの残党の反撃を恐れているのか?
 ああ、こんなことでは、門徒が浮かばれない。

230 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 23:16
平成7年6月1日の『本願寺新報』では、カルト宗教を説明した後、「若者はなぜ既成の教団ではダメなんですか?」という質問に、「伝道不足による」と書いている。自覚があるじゃないか。そして、「最も必要なのは、人々の間に積極的に入り、法を説くことです」とも。
 平成7年6月10日号には、「念仏者はオウム事件をどう考えたらよいか」という問いに、「きびしく仏法聴聞に励み、子や孫や周囲の人に伝えていきたいものです」と述べている。
 これだけ聞くと、布教に邁進する決意かのように聞こえる。
 が、6月3日の『京都新聞』にはどうか。「心研ぐ青年僧、布教、いまこそやりがい」の見出しが踊った。「おお、いよいよ本願寺もヤル気になったか」
 ところが、その下には「原点の読経一心に」?
 西本願寺の勤行指導所で、20代を中心に69人が約80畳の教室で学んでいるという。毎日、朝9時から夕方4時までの講義は読経。十数種に及ぶ声明(経典などを唱える)の習得のみである。
「住職にとって、お経を上げる勤行作法と、伝道とは、車の両輪のようなもの」(所長談)
 確かに勤行は大切だが、おつとめが終わって、彼らは何を話すのだろう。
 カルト宗教や新宗教は、おかしな教えでも激しく宣伝活動している。そんなものを聞くな信じるなと言う前に、正しい教えを伝えなければ、現在生きることに苦るしんでいる人たちは、現世利益の新宗教に走ってしまうだろう。
 ならば勤行練習よりも、速やかに布教伝道に目覚めてもらいたいものである。
 「車の両輪」と言いながら、親鸞聖人の教えを正しく伝える布教はどうなっているのだろう?疑問だ。

231 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 23:17
「人材がいなくても、いす席にすれば、人も集まるだろう」と思ったのか、平成10年3月14日から100日間の蓮如上人五百回忌法要では「参拝席」が全席イス席になるという。
「本願寺新報」では、
「設置されるイスはスチール製背もたれ付きベンチシートで、御影堂の広縁までを参拝席にして約千脚を設置、三千五百余席を確保。
イスの設置にあたっては、畳を撤去し、コンパネとカーペットを敷き、その上にイスを固定する。現代の生活様式への適応、参拝者入退出時の混雑緩和が期待されている」と報じる。
つまり、正座での聞法の場がないのだ。悲しいではないか。
 おまけに、「本願寺新報」の、蓮如上人五百回忌法要の準備を伝える記事の中に、「聞法」「聴聞」という言葉がなかなか見当たらない。これで「法要」と言えるのか?
  かわりに「参拝者」「参拝席」という表現の連続である。本願寺は、いつから神社になったのだろう。「参拝」という言葉からは、偶像崇拝の臭いがただよってくる。
  親鸞聖人のご真影を拝ませる宗教になりさがってしまったのか?
「聴聞に極まる」のみ教えを、軽んじる本願寺は、もはや浄土真宗とは言えないのではなかろうか。

233 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 23:25
「人材がいなくても、いす席にすれば、人も集まるだろう」と思ったのか、平成10年3月14日から100日間の蓮如上人五百回忌法要では「参拝席」が全席イス席になるという。
「本願寺新報」では、
「設置されるイスはスチール製背もたれ付きベンチシートで、御影堂の広縁までを参拝席にして約千脚を設置、三千五百余席を確保。
イスの設置にあたっては、畳を撤去し、コンパネとカーペットを敷き、その上にイスを固定する。現代の生活様式への適応、参拝者入退出時の混雑緩和が期待されている」と報じる。
つまり、正座での聞法の場がないのだ。悲しいではないか。
 おまけに、「本願寺新報」の、蓮如上人五百回忌法要の準備を伝える記事の中に、「聞法」「聴聞」という言葉がなかなか見当たらない。これで「法要」と言えるのか?
  かわりに「参拝者」「参拝席」という表現の連続である。本願寺は、いつから神社になったのだろう。「参拝」という言葉からは、偶像崇拝の臭いがただよってくる。
  親鸞聖人のご真影を拝ませる宗教になりさがってしまったのか?
「聴聞に極まる」のみ教えを、軽んじる本願寺は、もはや浄土真宗とは言えないのではなかろうか。

234 名前:名無しさん@3周年 :04/04/01 23:34
勧誘の激しさなら顕正会。
マインドコントロールの激しさならアレフ。
集金力なら学会。
本願寺はどれも中途半端
でも粘着力は一流。

244 名前:名無しさん@3周年 :04/04/02 00:25
>生きていればお金を使うのは当然。
>御報謝を強要などはいたしません。
額が問題なんであって・・・。
パンやご飯に使うのは仕方ないが。
S会へやるなら、どぶへ捨てた方がましだ。

というのも、品性卑しい幹部どもの生活費になっているんだぜ?
あと性本堂たてるのに使われると思うと・・・。

むかーしマルチの塔だかネズミ講の塔だかあったが、あれより役に立たないものなんだぞ?

245 名前:名無しさん@3周年 :04/04/02 00:51
かつて会長は講師部に対してこのように言いました。
---------------------------------------------------
君たち一人一人が、私のように親鸞会というのを作って、話を
しなければいけない。そうすれば、親鸞会は解散してもいい。
---------------------------------------------------
会長は、常に会場の前方で、最も多く直接のご縁を持ち、
自らも法を説く立場にある、講師部を正客として説法している。
講師の獲信なくして、その人たちがお預かりしている会員の獲
信はあり得ないからである。
ところが、講師部員になるまでには数々のノルマ、規則を守り、
会長好みの思考にマインドコントロールされなければならない。
講師としてひとり立ちする頃には、立派なロボットとなっている。
ただのロボットではない。普通の人から見れば、この人は凄い、
この人の話すことだから真実かもしれないと錯覚してしまうほど
の超人ロボットである。
会長以外救われないのが親鸞会というのは、その通りである。

246 名前:名無しさん@3周年 :04/04/02 01:24
>>198

まあ消えたら消えたで、こんな感じに貼れば済むことだけどね。
http://makimo.to/2ch/life_psy/1028/1028481417.html#940

にしてもこのまま削除されるのは、何かしゃくだな。
http://qb2.2ch.net/test/read.cgi/saku2ch/1028291746/l50#245
>また、事象自体が事実と相違する内容です。削除を願います。
とか・・・・

304 名前:名無しさん@3周年 :04/04/02 22:51
モルモン教や創価学会を持ち出しているが・・・・。

カルト性では親鸞会にかないませぬw。
本願寺を批判しているようだが・・・。本願寺って水や空気並になっているだろ

305 名前:名無しさん@3周年 :04/04/02 22:52
本願寺カルト!

306 名前:名無しさん@3周年 :04/04/02 22:54
 京都新聞3月28日朝刊によると、真宗大谷派(本山・東本願寺、京都市下京区)が、故・大谷暢前門首の四男大谷光道氏(58)を相手取り、東本願寺「内事部」の建物や聖護院別邸(左京区)の
明け渡しを求めた訴訟の判決が27日、京都地裁であった。
八木良一裁判長は、光道氏に内事部建物などの明け渡しを命じた。
 宗派と大谷家が対立した「お東紛争」で、光道氏は1982年に門首継承権権者の「連枝」を解かれ、
前門首は93年に死亡した。宗派は「前門首の四男として内事部建物を、
連枝として聖護院別邸の使用を認めてきた」と主張し、明け渡しを求めていた。
 判決で、八木裁判長は、内事部建物は1920年以降の建築で、現在の宗派の全身「大谷派本願寺」が所有権を取得したと判断。聖護院別邸も、寄付された当初から大谷派本願寺の所有になっているとした。
 真宗大谷派は「極めて妥当な判決。明け渡しを強く求める」とし、大谷光道氏は「主張が受け入れられず、大変残念。弁護士と相談し、控訴の手続きを取りたい」と話した。

307 名前:名無しさん@3周年 :04/04/02 22:57
 本願寺に絶望し新興宗教にも絶望した私は、西洋哲学の中にその答えがきっと隠されているに
違いないと思い込み、やみくもに読書に耽ける生活を続けた。

なかでも注意をひいたのは、アリストテレス的世界観が中世を支配し魔女狩り等の迷信が横行し
ていた時代に、コペルニクスは天動説を真っ向から否定する地動説を発表し、
ガリレオ・ガリレイは宗教裁判にかけられてまでその真理性を主張し続けたという事実である。

「それでも地球は回っている」というガリレイの言葉はあまりにも有名である。

それは後にニュートン力学によって体系づけられることになる。

しかし、ニュートンも「大海のまえで貝殻を拾って遊んでいる子供でしかない」と自己を回想し
ている。

310 名前:名無しさん@3周年 :04/04/02 23:00
《 浄土真宗本願寺派:「宗教の原点」祈りを公認 解釈変更で 》
 合格祈願や無病息災といった現世利益(りやく)を求めないため、「祈らない宗教」とされてきた浄土真宗本願寺派(京都市下京区、本山・西本願寺)の教学研究所が、
「祈り」について「宗教の原点であり本質だ」と“公認”する見解を示していたことが9日、明らかになった。浄土真宗は宗祖・親鸞(しんらん)聖人の時代から、現世の欲望から来る祈りを
「不純な動機に発する行為」と否定してきた歴史がある。門信徒数公称1000万人、末寺1万を誇る国内最大の伝統仏教教団の変化が、宗教界や他の真宗門信徒らに与える影響が注目される。
 宗派の国会にあたる定期宗会で、祈りを否定する考え方に疑問を投げ掛ける質問に対し、“内閣法制局長官”ともいえる教学研究所長の大峯顯(あきら)・大阪大名誉教授(宗教哲学)が答弁。
「『祈り』とは聖なるものと人間との内面的な魂の交流であり、あらゆる宗教の核心。『祈り』の概念は現世利益を求める祈とうよりも広く、祈りなくして宗教は成り立たない」と明言した。

311 名前:名無しさん@3周年 :04/04/02 23:01
 浄土真宗では、阿弥陀仏への感謝の心で念仏を唱える時、浄土に往生して仏になることが決まるとされる。信心や修行など人間側の力(自力)を超越した阿弥陀仏の力(他力)が
教義の根幹にあるため「他力本願」の言葉が生まれ、「健康をお祈りします」といった表現でも「念じます」と言い換えるのが正しいとされてきた。
 しかし、世界規模の宗教間対話が行われる時代の流れが、変化を促した。他のあらゆる宗教が「祈り」を持つ中で、
大峯所長は「(真宗では)祈りの概念を論理的に整理してこなかったため矛盾感が表面化してきた」と説明。
「言葉の表面的な意味で『真宗は祈らない』と単純に割り切るのは教条主義だ。
死への恐怖といった人間の根源的な問題に答えず、『現世利益は求めない』と言っても説得力がない」と話す。
 また、真宗大谷派(京都市下京区、本山・東本願寺)の玉光順正・教学研究所長も「人間の思いを超えた領域にある『祈り』の意味を、誰もが理解できる言葉で説明することを真宗は怠ってきたとも言える」と肯定的にとらえている。

312 名前:名無しさん@3周年 :04/04/02 23:03
>>311
 これって全国紙の記事でしょう?。

何でこんなにややっこしい書き方をするかなあ。
 つまりですね。記事の内容を要約すると、浄土真宗という宗派は「いのり」「祈願」をしなかったけど、
宗派の方針を変えて、これらかするかもしれないということ。

313 名前:名無しさん@3周年 :04/04/02 23:07
このまえ、寺の若が、屋根のふきかえに3万出せと、回ってきた。
日頃なんもしとらんのに。 くそ本願寺。

315 名前:通行人 :04/04/03 01:21
>>313
そういうやつは、あなたの母校の学生も、嘆いてますよ、と言ってやりなさい。

316 名前:ニュース速報 :04/04/03 01:43
>>315
通行人はK光会出身である事が判明!
ジャ○ヌ雑談板参照

317 名前:へえ〜 :04/04/03 01:48
>>316

やっぱり怒臓秘事の異庵塵だったんですか?

318 名前:T岸ま○の :04/04/03 01:58
あれ、通行人さん、わたしと一緒だったの?
奇遇ですね。
断然、こっち居心地いいわよね。
こっち獲信者が全然いないし、だいじにしてくれるし、
●正新聞に好きなことも書かせてくれるの。

319 名前:名無しさん@3周年 :04/04/03 02:00
>ニュートンも「大海のまえで貝殻を拾って遊んでいる子供でしかない」
>と自己を回想している。
謙遜でしょ。

334 名前:○岸ま○の :04/04/03 09:08
通行人さん、わたしと一緒のコースだもんね、

なかよくしましょ。

断然、こっちのほうが居心地いいわよね。
獲信者が全然いないし、だいじにしてくれるし、希少価値よね。
●正新聞に好きなことも書かせてくれるの。
ただ、あんた会で大事にされたいなら、
師匠の名を絶対にださないことね。

337 名前::○岸ま○○ :04/04/03 11:16
通行人さん、くれぐれも、あんた会で大事にされたいなら、
あんたの善知識の名を絶対にださないことね。
出したら、すぐに胃安心で出されちゃうからね。
うまくいけば、将来Mさん出し抜けるかもね。
応援しちゃうから。

348 名前:名無しさん@3周年 :04/04/03 18:25
214 名前:K大OB投稿日:2001/03/04(日) 02:29
私が実際に経験したことです。
入学手続きの日、城内キャンパス(大学判っちゃう?)で女性と男性二人組に声をかけられました。
なにやらサークル紹介があるということなので近くの読X文化会館まで来て欲しいとのこと。そこへ
行くともうかなりの人数の新入生らしき人たちがいて、その横にはサークルのメンバーらしき人がつ
いてなにやら話しておりました。 私の横にもサークルのメンバーが付き、私の名前、住所を書かせ
た後、ファイルを取り出し話し始めました。最初に示されたのが秀吉辞世の句「露と(忘れた)、露と
消えにし我が身かな、浪速のことも夢のまた夢」 メンバーは話し始めます。「栄華を極め、金銀財
宝を手に入れた秀吉さえ辞世の句でこんな事を言った。それは人生の目標が見えてなかったから
だ。君はこんな風にならないようにこのサークルに入って人生の目的を見つけよう」
そのときは電車の時間が迫っているからとごまかして帰ったのですが、大学のある街へ引っ越す
数日前、そのサークルの女性の名前で実家に封筒が届いたのです。「一緒にがんばりましょう」
さてさて、大学が始まると何故かアパートに電話が掛かってきました。(どうやってアパートの電話
番号を知ったのかは不明。私は実家の電話番号しか書いてなかった) サークルの会合があるの
で来て欲しいとのこと。民家みたいな建物の2階の部屋に連れて行かれると部長という方の説教
が延々と始まり、部員がなにか掛け合い漫才みたいな事をしていました(内容失念)。
そしてその会合の最後になにやら流行っていた「負けないこと、投げ出さないこと・・・」という歌をみ
んなで歌って終了。あたしゃすぐ入る意志のないことを部長に伝えました。そしたら新入生を帰した
後、数人で囲んで説得の嵐。いやーすごかった。ようやく帰れると思ったら今度は部長が「おくってくよ」
そして帰り道えんえんと説得。結局入りもしなかったし、その後電話とかも全くなかったんでめでたしでした。
しかしそのとき私を囲んでいた一人は私が卒業するときまで同じ学部棟で見かけていました。
私は博士号をとってから出たのですが彼はいったい何回生だったのでしょうか?人生の目的は見つかったのでしょうか?

新入生のみなさんとにかく気をつけてください。

350 名前:名無しさん@3周年 :04/04/03 18:57
 浄土真宗では、阿弥陀仏への感謝の心で念仏を唱える時、浄土に往生して仏になることが決まるとされる。信心や修行など人間側の力(自力)を超越した阿弥陀仏の力(他力)が
教義の根幹にあるため「他力本願」の言葉が生まれ、「健康をお祈りします」といった表現でも「念じます」と言い換えるのが正しいとされてきた。
 しかし、世界規模の宗教間対話が行われる時代の流れが、変化を促した。他のあらゆる宗教が「祈り」を持つ中で、
大峯所長は「(真宗では)祈りの概念を論理的に整理してこなかったため矛盾感が表面化してきた」と説明。
「言葉の表面的な意味で『真宗は祈らない』と単純に割り切るのは教条主義だ。
死への恐怖といった人間の根源的な問題に答えず、『現世利益は求めない』と言っても説得力がない」と話す。
 また、真宗大谷派(京都市下京区、本山・東本願寺)の玉光順正・教学研究所長も「人間の思いを超えた領域にある『祈り』の意味を、誰もが理解できる言葉で説明することを真宗は怠ってきたとも言える」と肯定的にとらえている。

359 名前:名無しさん@3周年 :04/04/03 21:56
親鸞会がネット対策に真剣に取り組んでいて、組織的に研究をし、さらに対策を講じていることは、この板でもよくわかります。

ところで、「通行人」というのは、前から変な奴だと思っていたが、ますます変な奴だ。
通行人Aと通行人Bとかなん人かいて、適当に書いているのかもしれない。
まあ、嘘つきは親鸞会の得意技だけど、それで一大事はしのげないぞ。

368 名前:名無しさん@3周年 :04/04/04 09:34
ようは親鸞会は浄土真宗を商品としたマルチ的なもんなんじゃないのか。
泉講師とか上の方の講師(今も上か知らんけど)は家建てたっていってたし。
下の方の講師は貧乏で動き回らんとお金はいんないし。本人がマルチっぽいって思うかどうかだな。
客はもちろん会員。この点がマルチ商法より優れている。定期収入になる。

377 名前:名無しさん@3周年 :04/04/04 20:40
親鸞大学と親鸞会は同じ団体ですか?
やってることは同じような内容だけど。

384 名前:名無しさん@3周年 :04/04/04 21:21
親鸞会を誹謗中傷した者は無間地獄へ堕ちる、という。

392 名前:名無しさん@3周年 :04/04/04 22:57
昔から、親鸞会の法論は、自らの所属を隠し、名前を偽ってしていた。
会長自ら、名前を偽って法論をしている。
『法戦』に載っている論争は、ほとんどがそうである。
また、会長をはじめ、会員が法を質問をするふりをして、多くの寺院を訪れ、バリ雑言の類いを投げかけてきた。
その伝統は、いまでもきちんと守られている。

401 名前:名無しさん@3周年 :04/04/05 00:52
批判者側の表現をパロディして、理屈も何も無視して物量作戦
で大量コピペすりゃあいいと思ってるs会工作員の下品さには
反吐がでるね。けがらわしい。

402 名前:名無しさん@3周年 :04/04/05 01:11
ここは洗脳された可哀想な信者の必死さを窺い知る事ができますね。

403 名前:名無しさん@3周年 :04/04/05 01:22
宗教やってる暇があるなんて、羨ましいもんだ。
暇人に乾杯。

407 名前:名無しさん@3周年 :04/04/05 01:49
>ようは親鸞会は浄土真宗を商品としたマルチ的なもんなんじゃないのか。
>泉講師とか上の方の講師(今も上か知らんけど)は家建てたっていってたし。
>下の方の講師は貧乏で動き回らんとお金はいんないし。本人がマルチっぽいって思うかどうかだな。
>客はもちろん会員。この点がマルチ商法より優れている。定期収入になる。
普通の感覚だね!
死後の世界って・・・。すばらしい空手形だ。

408 名前:名無しさん@3周年 :04/04/05 06:49
カルト教団側だけに責任転嫁するのはいかがなものか。
どんなに警告しても入る学生は毎年いるもの。
巧妙な手口で誘引され入ってしまったとはいえ、強引に拉致されたわけではないだろ。
一生、カルト教団で「死後の地獄」を観念し「絶対的幸福」を欲しがるしかなくなってしまっているのも「自業自得」ということで。
それに10代で入ってメンバーとして関わった年月が、これまでの人生の大半を占めるようになってしまった人はすでに
教団から離れては生きていけないくらいになっていると思うよ。
そういう人生を真っ向から批判されるわけだから、荒らす人が出るのも無理ないことではあるよ。

409 名前:名無しさん@3周年 :04/04/05 07:18
>>401
 オマエモナー!w

410 名前:名無しさん@3周年 :04/04/05 07:43
>>408

>どんなに警告しても入る学生は毎年いるもの。

一理はあるけど、警告はなかなか伝わらないよね。
カルト教団は必死で情報隠蔽工作してるし。
ジャ○ヌとかクロー○ーでググってみて、すぐに分かるよ。

414 名前:幹部会員 :04/04/05 09:57
今週末はFRです。
たくさんの人に来て頂ける様今から週末まで
大学内でATをさせて頂きます。

昨日は変な目で見られてたな…

426 名前:名無しさん@3周年 :04/04/05 20:42
仏教は今から約二、五〇〇年前、インドの釈迦族の王子として生まれ、悟りを開かれた釈尊(仏)によって説かれた教えです。
そして仏教には二つの意味があります。一つは悟りを開いて一切の苦悩を離れた仏の説いた教え、もう一つは仏に成る教えです。
キリスト教やイスラム教では神は唯一であり、私たちが神に成るとは説きませんが、仏教は私たちが仏(悟りを開いたひと)に
成ることを目的とした教えであります。

この仏に成る道について、自分の力で修行して現世で仏になる自力の仏教と、仏の救いの力によって、
浄土(仏の国)に生まれて仏になる他力の仏教とがあります。
親鸞聖人が、ご自身が救いを得られ、私たちに勧められたのは他力の仏教であります。他力とは他人の力という意味に考えられて、
頼多主義、無努力主義と誤解されることがありますが、
仏教でいう他力とは仏の救いの力という意味なのであります。

427 名前:名無しさん@3周年 :04/04/05 20:43
親鸞聖人の教えの特色として、大きく三つのことが上げられます。
@他力の強調。
A悪人の救い。
B現世からの救いの強調です。

@の他力の強調についてですが、親鸞聖人は御年九才の時、出家して僧侶となり、比叡山に登られて、
自力の修行に励まれたのであります。
二十年間比叡山で一心不乱に修行されたのですが、自分は少しも立派な修行ができないと悩まれました。
このお悩みが大変尊い所であります。おそらく聖人は当時の比叡山の修行者の誰にも劣らない立派な修行ができていたに違いありません。
にも拘わらず深くお悩みになったのであります。これは聖人が大変真面目な人であり、深く自分を見つめる自己内省の深い人であったからであります。
誰にも劣らない立派な修行のできた人でありながら、自分は少しも修行ができていないという悩みをもたれたのであります。

 そして二十九才の時、法然上人に出会い、自力の道をすてて他力の道に入ったのでありました。この他力の道は、どんな罪の深い者でも、修行のできない者でも仏の救いの力によって救われる教えでありました。

428 名前:名無しさん@3周年 :04/04/05 20:44
Aの悪人の救いについてですが、『歎異抄』に「善人なをもて往生をとぐ、いはんや悪人をや」、とありますように親鸞聖人は、
善人よりも悪人の方が仏の救いの目当てであるといわれています。
これは間違われますと悪を奨励することになりますが、決して悪を奨励するのではありません。
ここでいう悪がどういう意味の悪であるかが、大変大事なことであります。悪にも色々な意味の悪があります。
大きく分けると、法律に触れるかどうかで判断される法律的悪、人の道に反するかどうかで判断される道徳的悪、
深い自己内省による宗教的立場から自己を悪人と自覚した宗教的悪の三つがあります。
親鸞聖人がここでいわれる悪は、宗教的意味の悪であります。教えによる自己内省によって悪を知らされるのでありますから、
悪人こそが救いの目当てということは、悪を奨励することにはならず、むしろ悪を戒めることになるのであります。

429 名前:名無しさん@3周年 :04/04/05 21:01
Bの現世からの救いの強調ですが、これが浄土真宗の教えの現実的意味の要となる所ですありますので、
今回はここを中心に項をあらためて述べることに致します。
三、現生正定聚
浄土真宗の救いは死後のことのみのように誤解されることがありますが、これは大変な誤りであります。
親鸞聖人は現世の救いを大変強調されました。今生きている現在ただ今大きな救いの中に入るのであります。
現世からの救いを述べられた親鸞聖人のお言葉は諸処にありますが、代表的なものとして『歎異抄』第一に
「彌陀の誓願不思議にたすけられまいらせて、往生をばとぐるなりと信じて念仏申さんとおもひたつこころのおこるとき、
すなはち摂取不捨の利益にあづけしめたまふなり」とあります。
すなわち私たちが阿弥陀仏の一切の生きとし生けるものを救い取って仏にしたいという願いにたすけられて、
間違いなく浄土に生まれて悟りを開いて仏に成らせていただくのである、と信じて慶びと感謝の気持ちから、
念仏を称えようというこころのの起こったとき、そのときに阿弥陀仏の救いの光の中におさめとられて
捨てられない大きな利益を頂くのであると述べられています。この利益(救い)を私たちが頂くのは、決して死後のことではありません。
現在だだ今、今生きている現世においてのことなのであります。
このことを親鸞聖人は現生正定聚の位に住すると述べられています。正定聚とは、正しく定まったなかまという意味であります。
すなわち悟りを開き、仏になる仲間に正しく定まったということであります。

430 名前:名無しさん@3周年 :04/04/05 21:02
正定聚とは元来浄土でえる利益であったのですが、親鸞聖人はこれを現世の信心決定のときにえる利益であるとし、
現世からの救いを強く述べられたのであります。
このように阿弥陀仏の救いは現世の信心決定のときであることを述べた親鸞聖人でありましたので、
そのころ浄土教で当然のことと考えられていました、命の終わるときに阿弥陀仏が迎えにきてくれるという臨終来迎を否定しました。
信心決定したときに救われるのですから、あらためて命の終わるときに救いに来てもらう必要はないのであります。
平安時代の最高権力者藤原道長が、臨終のときに一心不乱に阿弥陀仏のお迎え(臨終来迎)を願ったことが、伝えられていますが、
当時大変重視されていた臨終来迎を否定したことはまさに画期的出来事であったとことでありましょう。
現代でも「早くお迎えがきて欲しい」という言葉が使われますが、これは浄土真宗では間違いであります。
また命の終わるときに苦しみがなかったよう見えますとこれを大往生といったりしますが、これも浄土真宗では全くナンセンスなことであります。
このように浄土真宗においては往生の定まるのは命の終わるときの臨終ではなく、普通に生活をしている平生のときでありますので、
覚如上人、存覚上人、蓮如上人は平生業成といわれています。

431 名前:名無しさん@3周年 :04/04/05 21:03
四、如来とひとし、彌勒におなじ
親鸞聖人は「信心よろこぶそのひとを 如来とひとしとときたまふ 大信心は仏性なり 仏性すなはち如来なり」(『浄土和讃』)
と述べられ、また「真実信心うるゆへに すなわち定聚にいりぬれば すなはち弥勒におなじくて 無上覚をさとるなり」(『正像末和讃』)
等と述べられています。
即ち信心決定のひとは、現世ですでに悟りを開いた如来(仏))とひとしいのだといわれ、
また次の生で仏に成ることが決まっている等覚の位の弥勒におなじといわれています。もっとも正定聚の位に入っても、
現世で生きているあいだは私たちは煩悩をもったままであることには変わりはありません。しかし煩悩をもったままではありますが、
仏に成ることにはっきりと定まった身にならせて頂くのであります。
このことを親鸞聖人は「如来にひとし」、「彌勒におなじ」といわれ、現世からの大きな救いを強く述べられるのであります。
そして「五十六億七千万 彌勒菩薩はとしをへん まことの信心うるひとは このたびさとりをひらくべし」(『正像末和讃』)と、
五十六億七千万年後にしか仏になれない彌勒菩薩より早く、
現世の因縁の終わるときに仏になれるのであると真実信心のひとの利益を強調されているのであります。

435 名前:名無しさん@3周年 :04/04/05 21:27
親鸞会側の表現をパロディして、理屈も何も無視して物量作戦で
根拠も真偽も無視して過去の発言を大量コピペすりゃあいいと
思ってる恨みがましい連中の下品さには反吐がでるね。けがらわしい。

ここは親鸞会に徹底的にやりこめられた可哀想な連中の
必死さを窺い知る事ができますね。

ネットで親鸞会批判やってる暇があるなんて、羨ましいもんだ。
ジャンヌもクローバーも暇人の集まりと化してますな。
暇人に乾杯。

436 名前:名無しさん@3周年 :04/04/05 21:31
>どんなに警告しても入る学生は毎年いるもの。

一理はあるけど、匿名掲示板で事実を歪曲した書き込みを続けていても、誰も信用しないよね。
恨みがましい連中は必死で情報操作工作してるし。
ジャ○ヌとかクロー○ーでググってみても、親鸞会のサイトに誘導されるから連中も必死だね。

439 名前:名無しさん@3周年 :04/04/05 22:23
五、生きてよし、死してよし
浄土真宗の深い信仰をもった人の言葉に「生きてよし、死してよし」という言葉があります。前に述べましたように、
現世からの大きな救いに恵まれるのが浄土真宗であります。浄土真宗の篤信者一茶の句に「涼しやな 彌陀成仏のこのかたは」とあります。
暑い夏の真っ盛りでも何と涼しくここち良いことであろうか、
阿弥陀さまが私を救うために仏様に成って下さった御恩をおもえば、と詠んでいます。これが「生きてよし」の世界であります。
今すでに大きな救いの中にある慶びを述べたものであります。またこれも一茶の句といわれているものですが「
かたつむり どこで死んでも我が家かな」
とあります。かたつむりはどこで死んでも、自分の家の中であるから何の心配もいらないのと同様に、
すでに阿弥陀様の救いの中にある我が身であるからいつ何処で死を迎えることになっても、何の心配もない、と詠んでいるのです。
これが「死してよし」の世界であります。
人類史上最大の権力者といえます秦の始皇帝が、自分の死を恐れ必死で不老長寿の妙薬を探し、
家来の徐福を日本に派遣したという話は余りにも有名ですが、富と権力を欲しいままにした始皇帝といえども
「死してよし」の世界を持つことはできなかったのであります。

 「生きてよし、死してよし」の世界はまさに浄土真宗の信心によってこそ恵まれるものであると思います。

440 名前:名無しさん@3周年 :04/04/05 22:25
親鸞の説く化土は報中の化土であり、三身または四身中の化土(化身土)ではない。
報中の化土の思想は『大経』「胎化段」、『観経』「九品段」にあり、七高僧も語るところではあった。
この報中の化土が第十九願、第二十願の酬報によると位置づけたのが、親鸞の発揮である。
親鸞は第十八願の法門(他力念仏)を真実弘願、第十九願の法門(定散諸行)を方便要門、
第二十願(自力念仏)を方便真門とし、第十八願の法門が報土往生、第十九願と第二十願の法門が化土往生とされるのである。
真仮を厳しく峻別し(とくに真門と弘願)、方便化土の往生を厳しく戒めたのが親鸞であったが、この化土往生ということが、
現実に如何なる意味をもつものであるかを考察したいと思う。
周知のように、親鸞は「化土巻」三願転入の文から窺われるように、自分自身が要門、真門を体験して弘願に転入したのである。
(転入の時期については諸説あるが、私は二十九歳の時と考える@)。このとき親鸞は他力信心を獲得し、現世の救済(正定聚の位)
が確立したのである。この世界が「化土巻」三願転入の文に続く「爰に久しく願海に入りて、深く仏恩を知れり。」(真聖全二の一六六)

であり、後序の「慶ばしい哉、心を弘誓の仏地に樹て、念を難思の法海に流す。」(真聖全二の二〇三)であり、
「信巻」には「遇ま淨信を獲ば是の信?倒ならず、是の信虚偽ならず。是をもって極悪深重の衆生大慶喜心を得諸々の聖尊の重愛を獲るなり」
(真聖全二の四八)等とある感謝と慶びと安堵の世界である。これを親鸞は現世で確立したのでる。

441 名前:名無しさん@3周年 :04/04/05 22:26
この世界はまた来世の往生を些かの疑いもなく確信した世界でもあったのである。
このことが『末灯鈔』一の「来迎は諸行往生にあり、自力の行者なるがゆへに、臨終ということは諸行往生のひとにいうべし、
いまだ真実の信心をえざるがゆへなり。」(真聖全二の六五六)
とある浄土教の伝統を無視したともいえる臨終来迎否定の主張にもなっているのである。
諸行往生の要門においては無論のこと、弘願に近接した自力念仏の真門においても全く知ることの出来ない境地なのである。
要門、真門、そして弘願と体験した親鸞であるのでその違いを熟知していたのである。「真仏土巻」に
「真仮を知らざるに由って如来広大の恩徳を迷失す」(真聖全二の一四一)とあり、
真門を戒めて「専修にして雑心なるものは大慶喜心を獲ず。故に宗師は彼の仏恩を念報すること無し(中略)と云へり。(真聖全二の一六五)
等とあるのもこのことに他ならない。

469 名前:名無しさん@3周年 :04/04/06 11:35
ここ↓の日程をつらつらっと見たんだが…
 しんらんネット
 http://www.shinran.ne.jp/main.shtml

会長、骨折った言うときながらえらい元気やん。
これ↓も行ったんやろか?
 http://www.shinran.ne.jp/cgi-bin/detail.cgi?code=200403241301

けど、先月の教学講義(27日)は前日まで出来るかどうか分からん言よったな。

何やろ、やっぱりただの通風やったんか?

470 名前:名無しさん@3周年 :04/04/06 11:58
自分は客観的に正しい判断が出来てると思っているから悲しいねw
中傷・悪口にはまるのもいいけど、自分勝手は自分の中で終わらせてほしいよね。
正義のつもりで(というか荒らしのため?w)睡眠時間を削るのはやめなさいって。

495 名前:名無しさん@3周年 :04/04/06 18:47
お彼岸の彼岸とは涅槃(さとり)のことであり、また到彼岸(彼岸にいたる)の略であります。
すなわち迷いの世界から悟りの世界にいたるという意味であります。「暑さ寒さも彼岸まで」といわれますように、
お彼岸のご法座は春・秋の二季に、春分・秋分の日を中心に行われます。「春彼岸、菩提(さとり)の種を蒔く日かな」、
「秋彼岸、菩提(さとり)の実を刈る日かな」という言葉がありますように、一年中で一番気候のよいこの時期に、
悟りの世界にいたるための仏縁を深めさせて頂くということを、古くから人々が願いとして来たのであります。

496 名前:名無しさん@3周年 :04/04/06 18:48
 浄土真宗においては、お彼岸にお墓参りをしてご先祖のご恩に感謝することも、よいことではありますが、
一番大事なことは、ご法座に足を運んで仏法聴聞をすることであります。蓮如上人は『御一代記聞書』一九三に
   いかに不信なりとも、聴聞を心に入れま  うさば、御慈悲にて候ふあいだ、信をう
  べきなり。ただ仏法は聴聞にきわまるこ
  となり

と述べられていますように、仏法(浄土真宗)は聴聞が大事であることが述べられています。
ご承知のように、浄土真宗は一所懸命修行に励み、それによってさとりをえる自力の仏教でなく、修行に励む必要はなく生きるために働く、
普通の人間の生活をしているままで、阿弥陀仏の本願力の救いの力によって、浄土に生まれてさとりを開く、他力の教えであります。
他力といいますと世間では他人の力をたよりにする無努力主義のように誤解しますが、決してそうではありません。他力とは他人の力のことではなく、
阿弥陀仏の力のことであります。
到彼岸すなわち迷いの世界からさとりの世界にいたるための力が、自分の修行の力によるのではなく、阿弥陀仏の本願力、
すなわち一切の生きとし生けるものをすくいたいという願いの力によるということであります。

497 名前:名無しさん@3周年 :04/04/06 18:49
それで浄土真宗においては、自分がさとりをえるための修行はありませんが、聴聞に励むことが大事な心がけとされているのであります。
浄土真宗で深い信仰をもった人たちを妙好人と呼んでいますが、この人たちはみんな例外なく一心不乱に獲信のための聴聞に励んでおられます。
聴聞についての心がけとして蓮如上人は『御一代記聞書』一五五に
仏法には世間のひまを闕きてきくべし。 世間の隙をあけて法を聞くべきやうに思  うことあさましきことなり
仏法には明  日といふことはあるまじきよしの仰せに  候ふ。

と述べられています。世間の隙を「闕きてきく」のも、
「あけてきく」のも、隙のないところに都合をつけるということでありますが、蓮如上人のお気持ちは、「闕きてきく」というのは、
たとえ世間のどのような大事な用事があっても都合をつけて法をきくということであり、「あけてきく」というのは、
それほど大事な用事でないから、都合をつけて法をきくということであります。蓮如上人は、
たとえどのように大事な用事があってもそれを差しおいて仏法聴聞に励めといわれるのであります。

498 名前:名無しさん@3周年 :04/04/06 20:27
世間の用事は色々ありますので、大変難しいことではありますが「仏法には明日といふことはあるまじきよしの仰せに候ふ」
ともありますように、蓮如上人の仰せが本当のことであり、法をいただくことによってえる信心のよろこびがいかなる世間の
よろこびにもまさるものであることを知らせていただくことが大事であろうと思います。
また蓮如上人は『御一代記聞書』五一に
聴聞はかどをきけと申され候ふ。せんあ  るところをきけとなり。
と述べられ、聴聞は「せんあるところ」(大事なところ)をきかねばならないと述べられています。ではどこのところが大事なのでしょうか。
親鸞聖人は『教行信証』「信巻」に 聞といふは、衆生、仏願の生起本末をき  きて、疑心あることなし。これを聞とい  ふなり。

と述べられいますように、「仏願の生起本末」、すなわち「阿弥陀仏の本願は罪の深い私をおすくい下さるためのものでありました」
という本願のおこころを聞かせていただくことであります。本願のおこころを聞かせていただくのが聴聞であり、
これが抜けては聴聞とはいえないと思います。

499 名前:名無しさん@3周年 :04/04/06 20:27
はじめに述べましたように、蓮如上人は「いかに不信なりとも、聴聞を心に入れまうさば、御慈悲にて候ふあいだ、
信をうべきなり。ただ仏法は聴聞にきわまることなり」
と述べられています。たとえ今ひとつ信心が定まらないという疑問がありましても、聴聞に心がけることが大事であり、
それによって他力のお育てにより、やがて信心決定の身にならせて頂くのである、と述べられているのであります。

本願のおこころを聞かせて頂く聴聞、これが浄土真宗において一番大事なことであります。

500 名前:名無しさん@3周年 :04/04/06 20:28
「念仏者は無碍の一道なり」

 これは『歎異抄』第七章にあります親鸞聖人のお言葉であります。ここの念仏者とは、
ただ口先だけで念仏しているひとのことではなく、阿弥陀仏の本願(すべての生きとし生ける者を
救って悟りを開いた仏にしたいという願い)を信じて念仏しているひとのことであります。
この阿弥陀仏の本願を信じて念仏するひとは何ものにもさまたげられることのない道を
力強く生きていくのであると述べられているのです。

501 名前:名無しさん@3周年 :04/04/06 20:29
二〇〇一年九月十一日のアメリカの同時多発テロ事件から早や二年が過ぎました。その後アフガン戦争、
イラク戦争等と紛争が続き、今なお、いつ終わるとも分からないテロ事件が頻繁と発生しております。
まさに怨念(うらみ)が怨念を呼ぶ憎しみと苦しみとが繰り返されているのであります。『法句経』に
「怨念は怨念によって消えることはない。怨念は怨念を絶ちてこそ消えはてる。これこそ永遠の真理である」
とありますが、これは大変尊いお言葉であると思います。この仏教の精神こそが本当の世界平和を実現させるものだと思います。

私達にとって、この怨念が怨念を呼び、多くの尊い人命が犠牲となっている悲劇はよそ事・他人事としてすまされる事ではないと思います。
日常生活において、ささいなことで他人に対し怨念や憎しみをもつことはないでしょうか。
よくこのことは考えなければならないことであり、自分自身を省みる事が親鸞聖人の
み教えを頂くうえで大変大切なことであると思います。


戻る 前スレ 次スレ
DAT2HTML 0.32j Converted.

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス